銅の卵焼き器はくっつく?

銅の卵焼き器はくっつく?

銅は、熱伝導率の高さが魅力です。
また、熱容量の高い素材でもありますので、「熱がムラなく伝わる」「卵を入れても温度が下がりにくい」という特徴を持つことになります。

 

これは、卵焼きを焼くためには理想的な特徴です。

 

しかし、難しさがあることも事実です。

 

油がなじむまではくっつきます。
鉄フライパンであれば熱してから油をひくことでくっつきにくくなりますが、銅の卵焼き器は錫引き加工されているために高温に熱することができません。

 

そのため、油膜の形成に時間がかかります。

 

スポンサーリンク

 

内面錫引き加工の理由は?

銅の卵焼き器は、錫引きされています。
これは、錫が「銅の機械的強度を高める」ことと、「無毒性の被膜をつくる」ことが関係しており、錫が剥がれないように注意する必要があります。

 

銅は、食中毒の原因になり得ます。
これは、銅製品には「(銅イオンが食品へ移行することによる)吐き気や嘔吐、下痢などの食中毒症状」が報告されています。

 

錫引き加工は、食中毒のリスクを軽減するためでもあります。

 

 

しかし、欠点もあります。
錫には「融点が低い(約230℃)」「軟化して摩耗しやすい」という特徴がありますので、丁寧に扱わなければいけません。

 

そのため、油がなじむまでには時間がかかります。

 

くっつきやすい理由は?

銅の卵焼き器は、馴染むのに時間がかかります。

 

調理道具は、油膜により使いやすくなります。
しかし、銅の卵焼き器は高温に熱することができない(錫の融点が230℃である)ため、鉄フライパンや中華鍋のように熱することができません。

 

油膜(樹脂層)ができにくいのです。

 

内部URL:僕のお弁当。「鉄フライパンの油膜は野菜くずで作る?

 

また、使用頻度の問題もあります。
一般家庭での卵焼きの頻度は決して高いものではなく、毎日のお弁当に卵焼きを入れているとしても「1日1回」であるはずです。

 

様々な料理に使用できる鉄フライパンや中華鍋よりも育つのが遅くても仕方がありません。

 

油をなじませるためには?

油をなじませるためには、コツがいります。
それが、温度が上がりすぎないように注意しながら「数分から数十分の油返しを繰り返す」ことや、「野菜くずを炒める」ことなのです。

 

  • 油ならし及び油返しを繰り返す
  • 野菜くずを炒める

 

シーズニングはできません。
油を薄く塗って加熱するシーズニングでは、どうしても温度が上がりすぎて(230℃を超えて)錫が溶けてしまいます。

 

銅の卵焼き器は、時間をかけて育てていくことをおすすめします。

 

銅の卵焼き器は、熱伝導率と熱容量に優れています。これは、キレイな卵焼きを焼くのに必要な条件です。しかし、多くの銅の卵焼き器には錫が引かれていますので、(高温に熱することができないために)油がなじむまでに時間がかかります。油をなじませるためには、時間をかけて油ならし及び油返しを繰り返すしかありません。野菜くずを炒めるのも効果的な方法であり、温度が上がりすぎないように注意しながら行います。

 

外部URL:Amazon「田辺金属 銅のたまごやき 9cm

 

外部URL:Amazon「アイザワ 純銅玉子焼 関西型 9cm

 

外部URL:Amazon「EBM 銅 玉子焼 関西型 10.5cm

スポンサーリンク

TOPへ