甘い卵焼き

甘い卵焼き

甘い卵焼きの作り方です。

 

卵焼きには、大きく2種類があります。
それが、甘い卵焼きとしょっぱい卵焼き(だし巻き卵など)であり、お弁当に入れる場合には甘い卵焼きをおすすめします。

 

これは、甘い卵焼きの方が傷みにくいためです。

 

砂糖は、タンパク質の熱凝固を妨げます。
そのため、砂糖の多い甘い卵焼きのレシピでは、水分量を増やさなくても柔らかくふわふわな卵焼きを作りやすくなります。

 

お弁当に入れる場合、甘い卵焼きがおすすめです。

 

材料

卵焼き器は関西型の12cmを使っています。
この大きさの卵焼きの場合、卵2~3個くらいの卵焼きに適しています。(※卵1個だと卵液が少なすぎて卵焼きの形になりません)

 

  • 卵:3個
  • A
    • 砂糖:大さじ2
    • 醤油:小さじ1

  • 油:適量

 

↓ 2個の場合は?

 

  • 卵:2個
  • A
    • 砂糖:大さじ1と1/3
    • 醤油:小さじ2/3

  • 油:適量

 

作り方

 

  1. 卵を切るように混ぜ合わせ、Aを加えます
  2. 卵焼き器に油をなじませ、卵焼きを焼きます
  3. 形を整える場合には巻きすで成形します

 

卵焼きは油をケチらないことがポイントです。これは卵料理全般に言えることであり、油が少なすぎると「ふんわり感」が物足りなくなります。また、キッチンペーパーやさらしなどに油を染み込ませて「油切れを起こさせないこと」がきれいな卵焼きを焼くポイントになります。

スポンサーリンク

TOPへ