鶏胸肉の照り焼きの作り方は?

鶏胸肉の照り焼きの作り方は?

照り焼きは、年代を問わず人気です。

 

お弁当には鶏肉が重宝します。
豚肉や牛肉のように「脂が固まってしまう」ことがないため、冷めた状態で食べることの多いお弁当にはおすすめできる食材であるためです。

 

また、ヘルシーで経済的です。

 

しかし、鶏胸肉には物足りなさがあります。
そこで、下味をつけた上で甘辛の照り焼きにすることで「お弁当に入れても満足度の高いおかず」になります。

 

材料

 

  • 鶏胸肉:1枚(300g)
  • A(下味)
    • 酒、本味醂:各小さじ2
    • 生姜(すりおろし):小さじ1/2
    • 粗塩:小さじ1/3

  • 片栗粉:適量
  • 油:適量
  • B(タレ)
    • 砂糖:小さじ2(蜂蜜の場合は小さじ1弱)
    • 本味醂、醤油、酒:各大さじ1

 

内部URL:僕のお弁当。「砂糖を蜂蜜で代用するには?

 

調味パーセント(塩分パーセント)は「塩分量=下味(粗塩1.67g)+タレ(醤油2.61g)=4.28」
「塩分パーセント=食塩4.28g÷鶏胸肉300g×100=1.43%」より、1.43%ほどを想定しています。

 

作り方

 

  1. 鶏胸肉の下処理(掃除など)をしてそぎ切りにします
  2. ①にAをもみ込んで下味をつけます
  3. Bを合わせておきます
  4. ②の汁気を切って薄く片栗粉をまぶします
  5. 適度に焼き色がついたら③をからめながら煮詰めて完成です

 

鶏肉は脂が固まりにくいことからもお弁当向きの食材です。しかし、鶏肉(特に鶏胸肉)はご飯を食べるには物足りなさを感じやすい部位でもありますので、甘辛の照り焼きにすることで(冷えたお弁当であっても)ご飯の進むおかずになります。ヘルシーで経済的、さらには美味しいというおすすめできる食材です。

スポンサーリンク

TOPへ