ダッチオーブンを自宅で使う?

自宅で使うダッチオーブンのおすすめは?

ダッチオーブンは、自宅でも使えます。
鉄製の鋳物鍋であるダッチオーブンは、「高い熱容量(蓄熱性)」と「重い蓋(内部の気圧を高くできる)」ことが魅力です。

 

驚くほどに料理が美味しくなります。

 

しかし、形状が問題になることもあります。
ダッチオーブンには「脚付」のものや「リッドリフター(蓋を持ち上げるための道具)」を使用するものがあり、それらは自宅での使用には向きません。

 

おすすめは、ココット型です。
ココット(キャセロール)型とは、キッチンオーブンとも呼ばれるダッチオーブンであり、ルクルーゼやストウブなどをイメージしてもらえば分かりやすいかと思います。

 

自宅での料理に使いやすい形状です。

 

スポンサーリンク

 

ダッチオーブンのメリットは?

ダッチオーブンは、鋳物鍋です。
鉄(鋳鉄)製であるのが一般的ですが、例外的にはアルミニウムやステンレスで作られているものもあります。

 

鋳物鍋ですので、重いことが特徴です。

 

この重みが料理を美味しくします。
鍋の重さと熱容量(蓄熱性)は比例関係にありますので、重い鍋であるからこそ「安定して高い温度を維持しやすい鍋」であるということになります。

 

また、重い蓋もメリットになります。
ダッチオーブンは無水調理ができるほどに密閉性の高い鍋であり、蓋をして調理することにより内部の気圧が高まり高い温度での調理が可能になります。

 

その結果、うま味を逃がすことなく内部までふっくらと仕上がります。

 

内部URL:僕のお弁当。「揚げ物にはダッチオーブン?

 

ココット(キャセロール)のメリットは?

ダッチオーブンには、種類があります。
それが、「脚の有無」「ツマミの形状や材質」などであり、野外で使いやすい「キャンプオーブン」と自宅で使いやすい「キッチンオーブン」に大別されます。

 

  • キャンプオーブン:主に脚付でリッドリフターを使うタイプ
  • キッチンオーブン:ツマミに熱が伝わりにくくなっているタイプ

 

キッチンオーブンをおすすめします。
キッチンオーブンはココット(キャセロール)型と呼ばれるタイプの鋳物鍋であり、琺瑯なしのルクルーゼ(またはストウブ)のようなイメージです。

 

使いやすさは折り紙付きです。

 

鋳物琺瑯鍋よりも使いやすい?

僕は、鋳物琺瑯鍋のファンです。
主にルクルーゼのココットロンドを使用していますが、様々な調理に利用できる無くてはならない両手鍋になっています。

 

しかし、デメリットもあります。

 

それが、琺瑯(ガラス質)です。
耐食性に優れる琺瑯には多くのメリットがありますが、使い方を間違えると「割れる」「剥がれる」などの問題が生じるリスクもあります。

 

正直、鋳物琺瑯鍋は「気を使う」のです。

 

その点、鋳物鍋は頑丈です。
琺瑯鍋のように空焼きや衝撃によって鍋を駄目にしてしまうことはありませんし、焦げついてしまったとしても物理的に除去できます。

 

耐食性の問題が気にならない料理であれば、鋳物琺瑯鍋以上に使いやすいと感じています。

 

キャプテンスタッグのココットダッチオーブンを使っています。Amazonでのココット(キャセロール)型のダッチオーブンがこれしかなかったのもありますが、2000円前後(ルクルーゼの1/7~10)です。お試しのつもりで購入しましたが、今では手放せなくなっています。

 

自宅で使うダッチオーブンは、ココット(キャセロール)型をおすすめします。キッチンオーブンは家庭用コンロでも安定しますし、リッドリフター(蓋を持ち上げるための道具)を使わなくても蓋を外せます。使い勝手が悪いと徐々に使わなくなってしまいますので、注意が必要です。

 

外部URL:Amazon「ルクルーゼ ココットロンド

 

外部URL:Amazon「ストウブ ココットラウンド

 

外部URL:Amazon「キャプテンスタッグ ダッチオーブン

スポンサーリンク

TOPへ