中華鍋のお玉とヘラは?

中華鍋のお玉とヘラは?

中華鍋は、汎用性の高さが魅力です。

 

中華鍋ひとつで多くの料理ができます。
その際の相棒となるのが「中華お玉」と「中華ヘラ」であり、中華鍋を使用するのであれば同時に購入しておくことをおすすめします。

 

ステンレスがおすすめです。
中華お玉や中華鍋の材質には「鉄」と「ステンレス」がありますが、一般家庭での使用頻度であれば圧倒的にステンレス製の方が便利です。

 

軽くて錆びないという特徴は、大きなメリットになります。

 

スポンサーリンク

 

ステンレスをおすすめする理由は?

ステンレス製をおすすめします。

 

僕は、はじめに鉄製を購入しました。
鉄の方が本格的に見えますし、エイジング(使い込むことによる経時変化)を楽しめることからも愛着がわきやすいと考えたためです。

 

しかし、すぐにステンレス製に買い替えました。

 

鉄には手間がかかります。
使い始める前には防錆塗装を焼き切る必要がありますし、ある程度の油分を残しておかなければ錆び(赤錆)の原因になります。

 

家庭料理で使うには、正直面倒です。

 

お玉を選ぶ際の注意点とは?

中華お玉の形状には注意が必要です。

 

中華お玉やヘラは便利です。
これらは中華鍋における「レードル(お玉)」や「ターナー(フライ返し)」であり、中華鍋には中華お玉と中華ヘラの使用頻度が高くなります。

 

また、盛りつけにも利用されます。

 

たとえば、チャーハン。
チャーハンの半球形の盛り付けには「お玉の形状」が利用されますが、そのような使い方をする場合にはお玉の形状や容量にも注意を払う必要があります。

 

中華お玉によっては、半球形ではない場合もあります。

 

画像のお玉は底がフラットです。
チャーハンの盛りつけを重視する場合にはガッカリしてしまう可能性もありますので、インターネットでの購入には注意が必要です。

 

その場合、チャーハン用のお玉(鉄製)も選択肢に入れた方が良いかもしれません。

 

中華鍋には、中華お玉と中華ヘラを使います。中華お玉と中華ヘラの材質には「鉄」と「ステンレス」があり、特にこだわりがないのであれば(一般家庭での使用であれば)ステンレスをおすすめします。ステンレスは手入れが楽で、清潔に管理できる(気軽に洗剤を使える)ことが魅力です。

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「山田工業所 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「EBM 竹ささら 18cm

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華お玉 ステンレス

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華ヘラ ステンレス

スポンサーリンク

TOPへ