中華鍋の洗い方は?

中華鍋の洗い方は?

中華鍋には、正しい洗い方があります。

 

中華鍋は、ささらで洗います。
ささらとは「竹などを束ねて作られた洗浄道具」であり、中華鍋には竹のささらを使うことでこびり付いた汚れもきれいに除去することができます。

 

もちろん、たわしで洗ってもOKです。

 

しかし、基本的にはささらをおすすめします。
はじめは(ささらが馴染むまでは)使い難さを感じるかと思いますが、使い込むほどにしなやかになり使いやすくなっていきます。

 

中華鍋を使用するのであれば、必須アイテムといっても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

 

汚れを残すと孔食の原因に?

中華鍋は、キレイに洗います。

 

中華鍋は「洗わない」わけではありません。
洗剤を使わずに洗うことが多いことから「洗わない」と勘違いをする方も少なくありませんが、フッ素樹脂加工のフライパン以上に念入りに洗います。

 

これは、汚れ残りが孔食の原因になるためです。

 

孔食とは、鉄の局部腐食です。
条件が整ってしまうと部分的な腐食が起こり「小さな穴が開くように腐食」していき、最終的には中華鍋に穴が開いてしまいます。

 

孔食を防ぐためにも、中華鍋は念入りに洗います。

 

油分を落とし過ぎると使い難い?

中華鍋は、油分を残すように洗います。
油分を残しておかなければ、「使いやすくならない」「保管中に錆(赤錆)が生じてしまうことがある」などのリスクが高くなります。

 

中華鍋は、油の劣化により使いやすくなります。

 

中華鍋には、コーティングがありません。
そこで、コーティング(フッ素樹脂加工など)の代りとなる「油が重合化することによる樹脂層(ポリマー層)」をつくり出さなければいけません。

 

油の重合化というのは、簡単に言ってしまえば油の劣化なのです。

 

たわしよりもささらの理由は?

たわしよりも、ささらをおすすめします。
ささらには「物理的な洗浄力が強い」「持ち手が長いので手を汚さずに洗うことができる」などのメリットがあるためです。

 

また、ささらであれば熱湯で洗うこともできます。

 

中華鍋は、使いやすくなるまでに時間がかかります。
はじめは中華鍋自体が育っていませんし、使う人の技術も未熟であるため、焦げ付かせてしまった食材を洗い流さなければいけない機会が多くなります。

 

これを怠ると、孔食の原因になります。
そこで、洗浄力に劣り熱湯で洗うことも困難なたわしよりも、物理的な洗浄力の強いささらの方がおすすめできます。

 

また、ささらも使い込むことで使いやすくなりますので一石二鳥です。

 

洗った後はコンロで乾燥させる?

洗った中華鍋は、完全に乾燥させます。

 

おすすめは、コンロで水分を飛ばすことです。
洗浄後は布巾などを使って大方の水けを拭き取り、さらにコンロの火にかけることで完全に乾燥させておきます。

 

慣れると、コンロに乗せただけでも上手に乾かせます。

 

熱し過ぎないことがポイントです。
あまりにも熱し過ぎてしまうと、使い続けることで形成された樹脂層(ポリマー層)が焼き切れてしまいますので、中華鍋が使い難くなります。

 

乾燥させることは大切ですが、空焼きとは違います。

 

内部URL:僕のお弁当。「中華鍋を使い始めるには?

 

中華鍋は、洗剤を使わずに竹ささらやたわしでこすり洗いをします。「絶対に洗剤を使ってはいけない」という訳ではありませんが、特には下ろしたばかりの中華鍋の場合は洗剤を使わずに洗うことにより使いやすくなっていきます。人によっては、この使いやすくなっていくことを「中華鍋が育つ」と表現することもあります。

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「山田工業所 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「EBM 竹ささら 18cm

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華お玉 ステンレス

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華ヘラ ステンレス

スポンサーリンク

TOPへ