落し蓋の大きさ(サイズ)は?

落し蓋の大きさ(サイズ)は?

落し蓋には、適切なサイズがあります。
サイズの合っていない落し蓋では、「煮汁が均一に対流しない」「煮詰まって焦げやすくなる」などのデメリットが生じやすくなります。

 

基本は、鍋の直径マイナス2cmです。

 

落し蓋は、鍋ごとに揃えます。
鍋と落し蓋の隙間が1cm前後になることが理想ですので、「18cm鍋には16cmの落し蓋」といった具合で各サイズをそろえていきます。

 

しかし、汎用性のあるフリーサイズ(可変式)も悪くはありません。

 

スポンサーリンク

 

落し蓋の意味と代用品の違いは?

落し蓋には意味があります。
まず、「少ない煮汁を効率的に対流させられる」ことが大きな特徴であり、さらには「重みによって煮崩れるのを防げる」というメリットもあります。

 

落し蓋は、日本料理に欠かせません。

 

そろえておくことをおすすめします。
もちろん、キッチンペーパーやアルミホイルなどを使った代用策もありますが、真面目に料理をしている方であれば「あれば便利」であるはずです。

 

また、重みが重要であったりもします。
この場合も「お皿で代用できる」ことはできるのですが、「鍋の直径マイナス2cm」の条件を満たすのは簡単ではありませんし、お皿を駄目にしてしまうこともあります。

 

落し蓋は、見た目以上に役立つ調理道具です。

 

内部URL:僕のお弁当。「落し蓋の意味は?

 

複数の落し蓋が必要な理由は?

落し蓋は、サイズ違いでそろえます。

 

落し蓋には適切な大きさがあります。
サイズの合っていない落し蓋であると「煮汁が上手く対流しない」「煮詰まりやすくなってしまう」などのデメリットが生じることがあります。

 

落し蓋は、サイズ感が重要なのです。

 

目安は、鍋の直径マイナス2cmです。
具体的には、16cmの鍋には14cmの落し蓋、18cmの鍋には16cmの落し蓋、20cmの鍋には18cmの落し蓋といった具合です。

 

料理は、下ごしらえにより出来が変わります。
雪平鍋と落し蓋は想像以上に利用価値の高い調理道具となりますので、気に入ったものを見つけた際には早目にそろえておくことをおすすめします。

 

落し蓋には適切なサイズ(大きさ)があります。基準となるのが「鍋の直径マイナス2cm」です。これにより、「煮汁がきれいに対流する」「料理が煮崩れにくくなる」などのメリットが得られます。落し蓋はステンレス製のフリーサイズ(可変式)のものを選んでも構いません。しかし、個人的には(シンプルな構造の)木製のものを愛用しています。

 

外部URL:Amazon「谷口金属 雪平鍋 (アルマイト)

 

外部URL:Amazon「市原木工所 落し蓋 16cm

 

外部URL:Amazon「下村工業 落し蓋 FO-101

スポンサーリンク

TOPへ