乾燥木耳(きくらげ)の戻し方は?

乾燥木耳(きくらげ)の戻し方は?

木耳は、水に浸して戻します。
3gほどの乾燥木耳を戻すには1/2カップほど(ひたひたになるくらい)の水が必要であり、20分ほどで約7倍(戻し率約7倍)になります。

 

料理にもよりますが、一人前3g(戻して20g)ほどが目安とされます。

 

  • 戻し方
    • 通常:ひたひたの水に約20分
    • 生木耳の食感:ひたひたの水に約6時間

  • 戻し率:約7倍
  • 分量:一人前3g(20g)

 

しかし、あくまでも一例にすぎません。
たとえば、生木耳の食感に近づけたい場合には6時間ほど水に浸しておくこともありますが、長すぎると食感が悪くなります。

 

ちなみに、戻し水にはビタミンB群が豊富であるため料理に利用されます。

 

基本的には水で戻します。
ぬるま湯で戻すことで時間は短縮されますが、早く戻し過ぎると細胞が壊れて栄養や食感が失われてしまうことになります。

スポンサーリンク

TOPへ