雪平鍋の黒ずみとは?

雪平鍋の黒ずみとは?

雪平鍋は、黒ずみます。

 

一般的に、雪平鍋と言えばアルミ鍋です。
アルミの雪平鍋にもアルミ合金とアルマイト加工のものがありますが、黒ずみが生じてしまうのはアルミ合金の雪平鍋です。

 

雪平鍋は、酸化被膜により腐食を防いでいます。

 

しかし、アルマイトのような強固な皮膜ではありません。

 

そのため、黒ずむことがあります。
雪平鍋の黒ずみはアルミの腐食に起因していますので、酸を煮立たせたり、クレンザーなどで物理的に除去したりすることになります。

 

僕はアルマイトの雪平鍋を使っています。熱伝導率はアルミ合金に(多少)劣りますが、手入れが楽なことを重視してアルマイトを選びました。

 

スポンサーリンク

 

アルミが黒ずむ仕組みは?

アルミは、腐食によって黒ずみます。

 

黒ずみに害はありません。
アルミの黒ずみは、「アルミ+水=水酸化アルミ」→「水酸化アルミ+微量物質=黒色化」という仕組み(化学反応)によるものです。

 

変色しても、問題はありません。
しかし、黒ずみ(黒色化)の根本的な原因は「腐食」によるものですので、あまりにもひどい黒ずみを放置してしまうと雪平鍋の寿命を縮めてしまいます。

 

最悪、穴が開いてしまうことになります。

 

内部URL:僕のお弁当。「雪平鍋の素材は?

 

アルミの変色を防ぐには?

変色を防ぐには、水分を拭き取ります。

 

変色の原因はアルミの腐食です。
アルミの腐食はアルミと水分が結びつくことによる水酸化アルミが出発点となっていますので、水分がなければ変色は起こりません。

 

もちろん、調理後の鍋を放置するのは最悪です。

 

また、意図的に酸化被膜をつくることもできます。
具体的な方法としては「長期間空気に触れさせておく(乾燥状態で放置する)」ことや、「米のとぎ汁を煮立たせる」などの方法が効果的です。

 

一般的には、後者の方法が用いられます。

 

米のとぎ汁を15分ほど煮立たせることにより「アルマイトに似た性質を持つ酸化被膜が形成されます」ので、定期的に米のとぎ汁を煮立たせていればアルミの腐食(黒色化)は起こりにくくなることになります。

 

もちろん、アルマイトほどの強度はありませんが効果的な方法です。

 

アルミの黒ずみを取るには?

アルミの黒ずみは除去できます。
一般的には、「酸を使って科学的に除去する方法」か、「たわしやクレンザーを使って物理的に除去する方法」のいずれかが用いられます。

 

どちらにも一長一短があります。

 

一般家庭では、前者が好まれます。
お酢やレモン果汁を加えた水を沸騰させるだけですので手軽ですし、何よりもクレンザーを使用するよりは雪平鍋へのダメージが少ないためです。

 

しかし、厨房では後者が好まれます。

 

いずれにしても、除去後には米のとぎ汁を煮立てます。
前項でも述べた通り「米のとぎ汁を煮立たせることでアルマイトに似た性質を持つ被膜が形成されます」ので、アルミの腐食防止(黒ずみの予防)になるためです。

 

手間はかかりますが、欠かすことのできない作業です。

 

一般家庭の雪平鍋には、アルマイト加工が好まれています。熱伝導率の点ではアルミ合金に(多少)劣ることにはなりますが、黒ずみの心配をすることなく気軽に使えます。しかし、クレンザーなどを使って洗うことはできませんので注意が必要です。

 

アルミの雪平鍋は黒ずむことがあります。これは、アルミと水が反応して水酸化アルミとなり、水酸化アルミと微量物質が結びつくことで黒色化するためです。アルミの黒色化に(健康への)害はありません。しかし、黒色化を放置しておくと「腐食が進行して雪平鍋を傷めてしまう」ことになりますので、早めの対処が必要です。

 

スポンサーリンク

TOPへ