お弁当の向きは?

お弁当の向きは?

お弁当のご飯は、左に詰めます。

 

これは、左上位の考え方が基になっています。
左上位は平安時代ごろからの伝統だと言われており、同じ位でも「右大臣よりも左大臣の方が偉い」というのも左上位の考え方です。

 

この考え方から、主食であるご飯は左に詰めます。

 

しかし、右の場合もあります。
主にコンビニやスーパーのお弁当に多いパターンなのですが、人間の視線は「左上を最初に見ること(Zの法則など)」を考慮してご飯を左下に配置してあることもあります。

 

これは、日本人の食生活の変化により「主食(ご飯)<主菜(おかず)」となっているため、メインのおかず(主菜)を左上に配置した方が魅力的に見える(購買意欲につながる)ためです。

 

スポンサーリンク

 

基本とされる左ご飯

お弁当は、左ご飯が多数派です。
これは、普段の食事(一汁三菜)の配膳が左ご飯であるためであり、決まりというよりは慣れの問題で左ご飯が多数派となります。

 

また、この考え方はおかずにも影響しています。

 

盛り付けには、セオリーがあります。
たとえば、日本食では「主菜が奥で副菜が手前に盛りつけられる」ことが多く、洋食では「主菜が手前で副菜が奥に盛りつけられる」ことが多くなります。

 

そのため、以下のような盛り付けが多くなっています。

 

  • 左:主食(ご飯)
  • 右奥:主菜(メインのおかず)
  • 右手前:副菜(サブのおかず)

 

もちろん、絶対的な正解ではありません。
右ご飯の方が食べやすい人もいるでしょうし、主菜と副菜の位置が逆の方が食べやすい人もいるはずですので、難しく考える必要はありません。

 

頭でっかちになりすぎると、お弁当作りがストレスになりますので注意してください。

 

おかずの向きによるお弁当の方向

おかずの向きがポイントになることもあります。

 

料理には、顔があります。
料理の顔(正面)は食べる人に向いている必要がありますので、生姜焼き定食などはキャベツの千切りに寄りかけるように盛り付けますよね?

 

それが、料理の顔が手前を向いているということになります。

 

しかし、これも絶対ではありません。
たとえば、仕切りを使わずに(ご飯に立てかけるように)おかずを詰めると「料理の顔が右を向いてしまう」ことになりますが、おかずを手前にして食べなければいけないわけではありません。

 

あくまでも、「こんな考え方もあるよ」程度のものです。

 

コンビニやスーパーのお弁当

市販のお弁当は、少し違います。

 

お弁当は、魅力的でなければいけません。
コンビニやスーパーのお弁当は「少しでも魅力的に見せる必要があります」ので、「Zの法則」や「Fの法則」など、様々なマーケティングの手法が用いられています。

 

  • Zの法則:「左上→右上→真ん中→左下→右下」の順に見る
  • Fの法則:「左上→右上→左中→右中→左下→右下」の順に見る

 

そのため、最近のお弁当は「右下ご飯」であることが多くなっています。

 

この場合、従来の理屈とは逆になります。
しかし、(そもそも)お弁当の詰め方に「絶対的なルールはありません」ので、市販品の他、書籍やSNSなどにも利用されています。

 

「どちらが正解か?」といった単純な問題ではありません。

 

お弁当は、「左ご飯、右上主菜、右下副菜」が多数派です。これは、その配置が日本食の基本に近いためです。しかし、お弁当を魅力的に見せるためにマーケティングの手法(Zの法則やFの法則など)が用いられることも少なくありませんので、セオリーに固執することなく自由なお弁当作りを心がけることをおすすめします。

スポンサーリンク

TOPへ