豆腐の水切り方法は?

豆腐の水切りには、種類があります。

 

それが、「①皿にのせて15~20分置いておく」「②約3分煮てからザルにとる」「③晒に包んで約20分傾けて置く」「④約3分茹でてから晒を敷いたザルに10分置く」「⑤晒で包んで2倍重量の重しをして傾けておく」の5種類です。

 

これらは、料理により使い分けられます。

 

  • ①:冷奴など
  • ②:麻婆豆腐など
  • ③:揚げ出し豆腐など
  • ④:白和えなど
  • ⑤:豆腐ステーキなど

 

もちろん、水切りしない場合もあります。
しかし、調理法によっては水切り(及び加熱)の有無が仕上がりに大きな影響力を持ちますので、無下にすることはできません。

 

料理は、ちょっとした下ごしらえの有無が違いを生みます。

スポンサーリンク

TOPへ