計量スプーンやカップでの重さは?

計量には、体積や重さが利用されます。

 

家庭料理は体積が基本です。
体積(計量スプーンやメジャースプーン)で管理されることが多いのは、そのまま目分量での調味に移行しやすいためです。

 

重さは正確ですが、密度の違いにより目分量では誤差が大きくなります。

 

調味料 小さじ(5ml) 大さじ(15ml) カップ(200ml)
5g 15g 200g
5g 15g 200g
5g 15g 200g
醤油 6g 18g 230g
味醂 6g 18g 230g
味噌 6g 18g 230g
精製塩 6g 18g 240g
粗塩(天然塩) 5g 15g 180g
砂糖(上白糖) 3g 9g 130g
蜂蜜 7g 21g 280g
4g 12g 180g
マヨネーズ 4g 12g 190g
バター 4g 12g 180g
牛乳 5g 15g 210g
小麦粉(薄力粉) 3g 9g 110g
片栗粉 3g 9g 130g
パン粉 1g 3g 40g
カレー粉 2g 6g 80g

 

重さ(キッチンスケール)で味付けをするとレシピの再現性が高くなります。しかし、体積(計量スプーンやメジャーカップ)で味付けをすると「味付けの感覚」が養われるために目分量での調味が得意になります。家庭料理の場合、後者のスキルの方が役立つ可能性が高いと考えられます。

スポンサーリンク

TOPへ