大豆ご飯の作り方

大豆ご飯の作り方

大豆ご飯の作り方です。

 

僕はよく作ります。
豆ご飯にしてしまえば「まごわやさしい」をクリアしやすくなりますし、ご飯に軽い塩気がつきますので暖かい季節のお弁当にもおすすめです。

 

もちろん、普通に美味しいご飯です。

 

また、カサ増しの意味もあります。
多くの家庭ではご飯を1合単位で炊くかと思いますが、僕の食欲を満たすためには「1食に0.5合強が欲しい」と考えています。

 

大豆を足すと、1合がちょうど2食分になるわけです。

 

材料

 

  • お米:150g(1合)
  • 乾燥大豆:20g
  • 塩:2g(小さじ1/3)
  • 酒:15g(大さじ1)

 

毎日のお弁当ですので、可能な限りシンプルにしています。本来の豆ご飯(塩飯地)にはだし昆布を加えますが、このレシピでは省略しています。また、(お弁当はおかずを濃い味付けにする傾向がありますので)塩分も少なめです。

 

作り方

 

  1. 前日の夜に大豆を洗って水につけておきます
  2. お米を洗って塩と酒を加えたら通常の水加減にします
  3. 戻した大豆を加えてご飯を炊きます

 

シンプルな大豆ご飯です。大豆ご飯そのものの味を楽しむというよりは、お弁当のおかずを引き立てるような薄味なレシピにしています。そのため、単体で食べると少し物足りなさを感じるかもしれません。

スポンサーリンク

TOPへ