お弁当箱のサイズ(大きさ)は?

お弁当箱のサイズは?

お弁当箱には、サイズの選択肢があります。

 

おおよそ、「容量=カロリー」です。
もちろん誤差の大きな目安ではあるのですが、600mlのお弁当箱に対して常識的な詰め方をすると約600kcalになるとされています。

 

しかし、あくまでも目安です。

 

お弁当には個人差があります。
揚げ物が多いのか蒸し物が多いのかでもカロリーは変わってきますし、ぎっしり詰めるのか空間を開けて詰めるのかでも変わってきます。

 

正直なところ、実際に試してみなければ分かりません。

 

スポンサーリンク

 

目安とされるお弁当のサイズ

お弁当箱選びは、複雑です。
形状が適切でなければ持ち運びにくいものですし、材質によってはにおい残りが気になったり洗うのがストレスになったりもします。

 

中でも大切なのが、サイズ選びです。

 

サイズ選びを間違えると使い物になりません。
そのため、性別や年齢、活動量などを考慮して「目標摂取エネルギー(kcal)=お弁当箱の容量(ml)」のように決めていきます。

 

以下が、一般的に推奨されているサイズです。

 

  • 成人男性:800ml前後
  • 成人女性:600ml前後

 

しかし、あまり参考になりません。
一言に成人男性と言っても、デスクワークと現場仕事ではエネルギー消費量に大きさがありますし、体質による違いもあります。

 

事実、成人男性であっても500ml前後のお弁当箱を好むことがあるのは珍しくありません。

 

僕は小さなものから大きなものまで複数のお弁当箱を持っていますが、普段使うことが多いのは「500ml前後のお弁当箱」と「300mlのスープジャー」です。成人男性としては小さめですが、満足できています。

 

まずはタッパーをおすすめする理由

タッパー弁当をおすすめします。

 

サイズ選びは、実際に試してみるしかありません。
同じ容量のお弁当箱であっても「詰め方によって大きな差が生じます」ので、実際に試してみなければ正しい判断につながらないためです。

 

そこで、タッパーの出番です。

 

タッパーには各種サイズがあります
たとえば僕の使っている「タイトロック」というタッパーであれば4サイズがラインナップされていますし、丸型もあります。

 

  • 長角型小:330ml
  • 長角型中:540ml
  • 長角型大:780ml
  • 長角型特大:1100ml

 

1個当たり200~300円ほどです。
このくらいの金額であれば、「サイズ選びの参考にするために試してみる」のも悪くありませんよね?(※スーパーなどで購入すれば2割ほど安いです)

 

お弁当のサイズ選びは、タッパーでのリハーサルが確実です。

 

内部URL:僕のお弁当。「お弁当箱にはタッパーがおすすめ?

 

見逃すことのできない詰め方の違い

お弁当の詰め方には個人差があります。
たとえば、お弁当箱の8割くらいに詰めるのが好きな人もいますし、お弁当箱から少し盛り上がるくらいに詰めるのが好きな人もいます。

 

また、お弁当作りを続けていると好みが変わってくることもあります。

 

サイズ(容量)が全てではありません。
そこで、まずはタッパーなどを使用して「どのくらいのサイズ(容量)が適切なのか?」を明確にしてから(本当に欲しい)お弁当箱の購入をおすすめします。。

 

お弁当箱も安くはありません。
アルミ弁当箱であれば1000~3000円ほどしますし、わっぱ弁当箱であれば10000円前後することも珍しくありませんよね?

 

サイズ選びに失敗しないためにも、まずはタッパー弁当です。

 

お弁当箱のサイズ選びは、単純ではありません。実際に使ってみなければ判断しにくい部分がありますので、まずはタッパーを使ってサイズ感覚をつかむことから始めることをおすすめします。本当に欲しいお弁当箱を購入するのは、その後でも遅くはありません。

 

スポンサーリンク

TOPへ