未成年が料理酒を買える理由は?

未成年でも料理酒を買える理由は?

料理酒には、未成年が買えるものと買えないものがあります。

 

基本的に、料理酒とは日本酒です。
日本酒ですので14%前後のアルコールが含まれており、本来であれば料理のためであっても未成年者が購入することはできません。

 

しかし、未成年者でも購入できる料理酒もあります。

 

それが、加塩料理酒です。
未成年者がアルコール飲料を購入することはできませんが、食塩添加により調味料になっていれば購入することができます。

 

「飲めなければ問題ないよね?」ということです。

 

スポンサーリンク

 

料理酒の分類とは?

料理酒には、多くの種類があります。

 

日本料理における料理酒は、日本酒です。
当然、普段飲んでいる日本酒を料理酒として使っても構いませんし、料理酒として売られている日本酒を使っても構いません。

 

  • 酒類(嗜好品)
    • 特定名称酒(純米酒や本醸造酒など)
    • 非特定名称酒(普通酒)
    • 料理用清酒(無加塩料理酒)

  • 食品(調味料)
    • 料理用清酒(加塩料理酒)

 

いずれにも、14%前後のアルコールが含まれています。

 

 

料理酒には、味への影響力があります。
そのため、多くのレシピ本では醸造アルコールが主体の安価な料理酒ではなく、普通酒などを料理酒として使用することを推奨しています。

 

ちなみに、「高ければ良い」というわけでもありません。

 

日本酒には、個性があります。
特定名称酒(純米酒や本醸造酒など)の中には個性的なものも少なくありませんので、料理酒としては非特定名称酒(普通酒)の方が良かったりもします。

 

また、加塩料理酒にも種類があります。

 

「加塩料理酒は美味しくない」というのは誤解です。加塩料理酒には「醸造アルコールに醸造調味料と食塩を加えたもの」や「純米酒に食塩を加えたもの」などの違いがあります。また、日本料理に合うような調味をされているものもありますので、一概に「加塩料理酒よりも日本酒を使った方が美味しくなる」とは言えない部分があります。

 

なぜ食品に分類されるか?

未成年が購入できる料理酒は、加塩料理酒です。

 

加塩料理酒は、調味料に分類されます。
しかし、不可飲処置のために食塩が添加されているだけですので、日本酒や無加塩料理酒と同じように14%前後のアルコールが含まれています。

 

「飲めなければ酒類じゃないよね?」ということです。

 

そのため、酒税がかかりません。
酒税がかかりませんので低価格で購入することができますし、販売店にとっては酒類販売免許がなくても販売することができることになります。

 

未成年や小さな商店にとっては都合の良い仕組みです。

 

味醂にも同じ販売方法がとられています。
味醂には「本みりん」「発酵調味料」「みりん風調味料」がありますが、アルコールを含む発酵調味料は不可飲処置によって未成年であっても購入できます。

 

ちなみに、みりん風調味料はアルコールを含みません。

 

外部URL:国税庁「第43条 みなし製造

 

味醂を購入する場合は、できれば本味醂、本味醂が買えない(未成年である)場合には発酵調味料をおすすめします。みりん風調味料は安価ですが、本味醂の味とはかけ離れたものになりますので味(レシピ)の再現性が損なわれます。

 

加塩料理酒の注意点

料理酒には、いくつかの目的があります。
主なものとしては「味がしみ込みやすくなる」「料理酒の香味が加わる」「食材の嫌な臭いを飛ばす」「保存性の向上」などです。

 

アルコールの効果のみであれば、安い料理酒であっても同様の効果が得られます。

 

しかし、料理酒の香味には大きな差が出ます。
たとえば、普通酒を使って料理した場合と(極端に安価な)加塩料理酒を使って料理した場合とでは、風味の面で明らかな違いが生じます。

 

加塩料理酒を選ぶ場合であっても、可能な限り品質の高いものをおすすめします。(※加塩料理酒であれば大きな価格差にはなりません)

 

内部URL:僕のお弁当。「料理酒の効果(メリット)とは?

 

注意して欲しいのが、食塩です。

 

加塩料理酒には、2~3%の食塩が含まれます。
通常の料理では問題になりませんが、(大量の料理酒を使う調理の場合には)料理酒の塩分によって塩辛くなってしまう可能性があります。

 

通常、美味しいと感じられる塩分量は1%前後です。
そのため、多くの料理は0.8~1%前後の塩分量(ソースをかける場合にはソースの塩分量を差し引いた塩分量)に味付けされています。

 

このことからも、料理酒の塩分量を加味した味付けにする必要があります。

 

料理酒には、未成年者が購入できるものとできないものがあります。未成年であっても購入できるのは、加塩料理酒(不可飲処置された日本酒)です。2~3%の食塩が含まれているために調味料に分類されています。成人しているのであれば日本酒をおすすめしますが、加塩料理酒であっても美味しく調理することは可能です。

 

外部URL:Amazon「タカラ 料理のための清酒

 

外部URL:Amazon「ミツカン 純米料理酒

スポンサーリンク

TOPへ