雪平鍋のサイズは?

雪平鍋のサイズは?

雪平鍋は、20cmまでで複数そろえます。

 

僕は、3種類を使っています。
それが、16、18、20cmの3種類であり、アルミの片手鍋である雪平鍋は20cmまでが使いやすいと感じています。

 

もちろん、20cm以上の雪平鍋も悪くありません。
しかし、狭い台所と大きな片手鍋は相性の悪い組み合わせだと感じており、不慮の事故を防ぐためにも大きな鍋は両手鍋でそろえることにしています。

 

このことからも、16、18、20cmの3サイズがおすすめです。(※ひとつだけ購入するのであれば、18cmが良いと思います)

 

スポンサーリンク

 

雪平鍋は複数そろえるの?

雪平鍋は、複数そろえることをおすすめします。

 

雪平鍋は、短時間の調理に向いています。
これは、アルミの持つ「熱伝導率に優れている」「熱容量が小さい」などの特徴が短時間の調理に向いているためであり、煮込み料理などには向きません。

 

そのため、副菜を作るのに重宝します。

 

副菜は、多品目を作るのが一般的です。
たとえば、お弁当作りであれば「主菜が一品に副菜2~3品」というのが一般的であり、副菜は同時進行で作ると効率的です。

 

「16cmで卵を茹でつつ20cmで青菜を茹でる」といった具合です。

 

料理は、同時進行で行います。
料理Aの下ごしらえをしつつ料理Bの仕上げをするといったことが頻繁に起こりますので、使いやすい鍋は複数そろえておくことがセオリーとなります。

 

関連URL:僕のお弁当。「雪平鍋のメリットは?

 

関連URL:僕のお弁当。「雪平鍋の素材は?

 

食材の下ごしらえには、雪平鍋(アルミ鍋)の「熱伝導率の高さ」が重宝されます。素早くお湯が沸きますので、他の素材よりもストレスなく調理することが可能です。また、「軽い」「冷えやすい」などの特徴もありますので、洗うのも苦になりません。

 

サイズ違いが必要な理由は?

調理鍋には、サイズ違いでそろえていきます。

 

これは、容量が異なるためです。
調理鍋は「大は小を兼ねる」というわけにはいきませんので、調理の分量に合わせて適切な容量(サイズ)の鍋を選ぶ必要があります。

 

たとえば、煮物を想像してみてください。

 

煮物は、食材に水分を加えて煮ます。
「食材に火を通す」ことと「煮詰めることで味を凝縮させる」ことを同時に行いますので、鍋は小さすぎても大きすぎても良くありません。

 

  • 鍋が小さすぎる:煮詰めるのに時間がかかる
  • 鍋が大きすぎる:食材への味の入りが不均一になる

 

これは、大きな差になります。
使用する鍋(素材や形状など)によって料理の味が変わるのは有名ですが、同じ素材や形状であっても分量に合わせたサイズを選ぶことも同じくらいに大切なことです。

 

サイズ別でそろえるのは、料理の出来栄えを左右します。

 

比較的に安価なので重宝する?

雪平鍋は、比較的に安価です。
もちろん、手を出せないくらいに高価な雪平鍋もありますが、一般的な雪平鍋は(それなりの品質のものが)1000~2000円ほどで購入できます。

 

料理をはじめたばかりだと、ありがたい存在です。

 

このことからも、16、18、20cmをおすすめします。
本格的なコンロをお持ちの家庭であればこの限りではありませんが、一般家庭のコンロを想定すると20cmくらいまでが使いやすいサイズです。

 

安すぎるものはおすすめしません。
雪平鍋には500円くらいで購入できるものもありますが、あまりにも板厚が薄すぎるためにアルミ鍋のデメリットがより強調されたような特徴を持ちます。

 

使えなくはありませんが、使い難い鍋です。

 

雪平鍋のサイズ(大きさ)は、20cmまででそろえることをおすすめします。一般家庭の台所であれば、16、18、20cmの3サイズがあると何かと便利です。1つだけ購入するのであれば18cmがおすすめであり、特にこだわりがなければ「アルマイト加工」のものが良いかと思います。

 

スポンサーリンク

TOPへ