雪平鍋のメリットは?

雪平鍋のメリットは?

雪平鍋は、おすすめできる片手鍋です。
一般的に雪平鍋(行平鍋)といえば「アルミの片手鍋」のことを指し、その汎用性の高さから多くの家庭で親しまれている鍋です。

 

雪平鍋の魅力は、熱伝導率の高さです。

 

お弁当作りにも重宝します。
雪平鍋はその熱伝導率の高さから「素早く鍋全体が温まります」し、密度が低い(熱容量が小さい)ことから「素早く冷ます」ことができます。

 

副菜(及び作り置き料理)には重宝する調理道具です。

 

スポンサーリンク

 

優れた熱伝導率のメリットは?

アルミは、熱伝導率に優れています。

 

熱伝導率とは、熱の伝わりやすさです。
たとえば、熱伝導率に優れていると「部分的ではなく鍋全体が温まりやすい(熱ムラができにくい)」という特徴を持つことになります。

 

ステンレスが焦げ付きやすいのは、熱伝導率が低いためです。

 

  • 熱伝導率(W/m・K)
    • アルミニウム:204.00
    • 鉄:67.00
    • ステンレス:16.00

 

この特徴は、「熱応答時間が早い」と表現されます。

 

この特徴は、大きなメリットです。
たとえば、火加減の調節が素早く鍋全体に影響しますので、繊細な火加減を必要とする料理には特に重宝されます。

 

ちなみに、パスタ料理にアルミのフライパンが好まれるのにも熱応答時間が関係しています。

 

内部URL:僕のお弁当。「雪平鍋の素材は?

 

低い熱容量のメリットは?

アルミは、熱容量の低い素材です。

 

熱容量とは、蓄えられる熱量です。
熱容量の高い鍋(鋳物琺瑯鍋や土鍋など)ほど煮込み料理に向いており、熱容量の低い鍋(アルミの雪平鍋など)ほど素早く調理する料理に向いています。

 

  • 密度(kg/m3
    • アルミニウム:2700
    • 鉄:7870
    • ステンレス:7820

 

ちなみに、熱容量と重さには密接なかかわり合いがあります。

 

これは、熱容量が「比熱×質量」であるためです。
極端な例ではありますが、鉄鍋であっても薄板の軽い鍋であれば熱容量は小さくなり、アルミ鍋であっても厚板の重い鍋であれば熱容量は大きくなります。

 

雪平鍋の場合、熱容量の小さな鍋ということになります。

 

このことからも、揚げ物には適しません。
揚げ物が美味しく揚がる揚げ物鍋(天ぷら鍋)の特徴は「温度が下がらないこと」ですので、熱容量の小さな雪平鍋では条件を満たせないためです。

 

内部URL:僕のお弁当。「雪平鍋での揚げ物は?

 

しかし、常備菜作りには向いています。

 

常備菜には、食中毒のリスクがあります。
食材の保存性を高めるためには、雑菌の繁殖しやすい「中途半端に温かいゾーン」を素早く通過させることがポイントですので、熱容量の低さがプラスになります。

 

多くの放熱フィン(ヒートシンク)がアルミ製であるのは、アルミが熱を逃がしやすい素材であるためです。

 

雪平鍋の注意点は?

雪平鍋は、汎用性の高い鍋です。
下ごしらえから仕上の調理までできますので、日本料理における「万能鍋」のような位置づけで考えられています。

 

しかし、デメリットもあります。

 

それが、耐食性の問題です。
アルミには「極端な酸性や塩基性(アルカリ性)に弱い」という特徴があり、料理との相性によっては黒ずみや腐食の原因になってしまいます。

 

そのため、主に下ごしらえで重宝される鍋となります。

 

また、メインの調理には向きません。
アルミの持つ「優れた熱伝導率」「小さな熱容量」などの特徴は、あくまでも「下ごしらえ向きの特徴」であり、「メインの調理には向かない特徴」です。

 

ごちそうを作るための調理道具ではないのです。

 

熱容量には大きな影響力があります。「熱応答時間が短い」というメリットがある一方、「料理がふっくらしない」というデメリットもあります。極端な話、インスタントラーメンであっても熱容量の小さない雪平鍋と熱容量の大きな鋳物琺瑯鍋では大きな差異が生じ、同じ加熱時間であっても料理の出来は大きく異なることになります。雪平鍋は、(良くも悪くも)下ごしらえに適した鍋であるということです。

 

内部URL:僕のお弁当。「雪平鍋の黒ずみとは?

 

雪平鍋(アルミ鍋)には、「熱伝導率に優れる」「熱応答時間が早い」「熱容量が小さい」などの特徴があります。これは、食材の下ごしらえや常備菜づくりに重宝する特徴であり、料理道具の主役というよりは「(なくてはならない)名わき役」的な鍋であると言えます。

 

スポンサーリンク

TOPへ