コンビニ弁当に飽きた?

コンビニ弁当に飽きた?

コンビニ弁当は、飽きやすい食事です。
これは外食や出来合いのお総菜などにも言えることであり、たまにであれば美味しく感じられる食事であっても、連続するとすぐに飽きてしまいます。

 

これは、体が欲しなくなっていくためです。

 

  • 栄養バランスの偏り
  • 味付けが単調で濃い

 

家庭料理は、味付けが複雑です。
しかし、一般的なコンビニ弁当やスーパーのお総菜には(コスト削減のために)調味料にて代用していますので、味付けが単調です。

 

また、栄養バランスはお世辞にも良いものではありません。

 

スポンサーリンク

 

食後の心地よさがない?

人間の体は、心地よさを好みます。

 

食事の嗜好は複雑です。
たとえば、以前に食べて「体調が良くなった」と感じれば次第に好んで食べるようになりますし、反対に「体調が悪くなった」と感じれば避けるようになります。

 

これは、無意識に行われる選択です。

 

コンビニ弁当は、分かりやすい味付けです。
これは、コンビニ弁当や出来合いのお総菜などの多くが「毎日食べたい味付け」ではなく「分かりやすく美味しい味付け」を目指しているためです。

 

そのため、食後の心地よさはありません。

 

胸焼けすることもあるはずです。
軽度の胸やけであれば「満足感の一部」として判断されることもありますが、胸焼けする食事が続けば「食べたくない(飽きた)」と感じられるようになってきます。

 

コンビニ弁当に飽きるのは、本能が不快感を避けるためです。

 

栄養と食欲の関係は?

栄養バランスも、嗜好への影響力があります。

 

人間は、本能的に栄養の多様性を求めます。
たとえば、どんなにファストフードが好きでも、そればかりを食べていれば「体がだるくなる」「慢性的な疲労感を感じるようになる」などにより食が進まなくなります。

 

これは、代謝への負担が大きいためです。

 

代謝には、各種栄養素が必要です。
栄養バランスの悪い食事は代謝にストレスがかかりますので、本能的に不快感を覚え、結果として「違うものを食べたい」という欲求が高まります。

 

コンビニ弁当が飽きやすいのは、当然の結果であると言えます。

 

飽きずにコンビニ弁当を食べるには?

コンビニ弁当は、飽きやすい食事です。

 

基本的に、対処法はありません。
たとえば、「サラダなどの副菜をプラスする」「それ以外の食事でバランスをとる」などの改善案が有効ではありますが、長期的になるほどに無理が生じてきます。

 

これは、コンビニ弁当の多くが「高カロリー」「低栄養価」であるためです。

 

また、味覚の問題もあります。
家庭料理の味付けが「素材の味を引き立てる味付け」であるのに比べ、コンビニ弁当などの味付けは「調味料を主役にする味付け」です。

 

そういった味付けに慣れてしまうと、家庭料理に物足りなさを感じるようになります。

 

コンビニ弁当は、飽きやすい料理です。これは、「食後の心地よさを得られにくいこと」や「栄養バランスの偏りが大きいこと」などが関係しています。また、外食産業の味付けに慣れてしまうと家庭料理の味付け(素材の味を引き立てる味付け)に物足りなさを感じてしまうようになりますので、可能な限り「コンビニ弁当などのようなファストフード的な食事は避ける」ことをおすすめします。コンビニ弁当は便利ですが、頻繁に食べるべき食事ではありません。

スポンサーリンク

TOPへ