中華鍋で揚げ物はできるか?

中華鍋で揚げ物はできるか?

中華鍋は、揚げ物にも使えます。

 

中華鍋は、汎用性の高い鍋です。
丸底鍋には「熱ムラができにくい」「食材の量が変わっても一つの鍋でカバーできる」「揚げ物の油が少なくて済む」などのメリットがあります。

 

しかし、メリットばかりでもありません。

 

中華鍋は丸底鍋です。
丸底鍋であるからこそ「少量の油でも深さを作れる」ことにはなりますが、同時に「中央部とヘリの部分とでは深さが異なる」ことにもなります。

 

揚げ物の種類や量によっては、扱いにくい鍋であるとも言えます。

 

スポンサーリンク

 

中華鍋は揚げ物に適している?

中華鍋は、汎用性の高さが魅力です。
たとえば、炒める、焼く、揚げる、蒸す、茹でる、煮るなど、多くの調理を中華鍋ひとつでこなすことができます。

 

当然、揚げ物にも使えます。

 

中華鍋は、丸底鍋です。
丸底鍋であるからこそ「油が少なくても深さができる」ことになりますし、周囲から一様に熱が加わるために「熱ムラができにくい」ことにもなります。

 

少量の揚げ物には、心からおすすめできます。

 

  • 油が少なくても深さを作れる
  • 熱ムラができにくい

 

しかし、メリットばかりでもありません。

 

中華鍋が揚げ物に不向きな理由は?

中華鍋は、丸底鍋です。
丸底鍋であるからこそ「ちょっとした揚げ物には適している」ことにはなりますが、本格的な揚げ物(天ぷらなど)には不向きな部分があります。

 

  • 深さが一様ではない
  • 表面積当たりの油の量が少ない

 

揚げ物は、温度を安定させることがポイントです。

 

温度の安定には、油の量が必要です。
中華鍋(丸底鍋)での揚げ物では「深さの割には油の量が少ない」ことになりますので、温度が安定しにくく本格的な揚げ物には不向きなのです。

 

これらの理由から、一般的には「揚げ物鍋=平底鍋」とされています。

 

内部URL:僕のお弁当。「揚げ物にはダッチオーブン?

 

丸底鍋と平底鍋の使い分けは?

揚げ物鍋は、平底鍋がおすすめです。
平底鍋であれば「油の量が増えるので温度が安定しやすい」「中央部とヘリを同じように使える」などのメリットがあるためです。

 

しかし、お弁当のおかずなどで「短時間で少量の揚げ物をしたい」といった場合には中華鍋がおすすめです。

 

  • 平底鍋:本格的な揚げ物
  • 中華鍋:短時間で終える少量の揚げ物

 

どちらにも一長一短があります。
たとえば、平底鍋には「温度が安定しやすいが温まるまでに時間がかかる」という傾向があり、丸底鍋には「すぐに温まるが温度が安定しにくい」という傾向があります。

 

「どちらが優れている」という問題ではなく、揚げ物の種類や量、調理時間などに応じて上手に使い分けていくことがポイントになります。

 

中華鍋は揚げ物にも適しています。中華鍋(丸底鍋)の「少量の油でも深さを出せる」「熱効率が良く熱ムラができにくい」という特徴は、揚げ物をする際にも重宝します。もちろん、本格的な揚げ物鍋(天ぷら鍋)のようにはいきませんが、手間なく少量の揚げ物をしたい場合などにはおすすめです。

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「山田工業所 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「EBM 竹ささら 18cm

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華お玉 ステンレス

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華ヘラ ステンレス

スポンサーリンク

TOPへ