中華鍋のお手入れ方法は?

中華鍋のお手入れ方法は?

中華鍋は、長持ちします。
一般的な調理道具(フライパンなど)のようにフッ素樹脂加工が施されていませんので、鉄が摩耗して穴が開いてしまうまでは問題なく使えます。

 

一般家庭であれば、一生ものと言っても過言ではありません。

 

しかし、手入れは欠かせません。
適切な手入れをしなければ「くっついてしまって使い難い」「サビてしまう」「孔食と呼ばれる穴が開いてしまう」などの原因になります。

 

手入れは、2段階に分けられます。
それが、「新品の中華鍋を使いやすくするための手入れ」と「中華鍋の使いやすさを維持するための日常的な手入れ(メンテナンス)」です。

 

どちらも、欠かすことのできない手入れです。

 

スポンサーリンク

 

購入後の手入れは?

新品の中華鍋は、すぐには使えません。
中華鍋は「防錆塗装(ニス)を焼き切る」「油をなじませて油膜を形成する」という2つの工程を経ることではじめて使えるようになります。

 

ここで挫折してしまう方も少なくありません。

 

半日を潰すくらいの気持ちで取り組みます。
家庭用コンロで防錆塗装を焼き切るのには時間がかかりますし、上手に油をなじませておかなければ使い難い中華鍋になってしまいます。

 

防錆塗装の焼き切りとは?

中華鍋には、ニスが塗られています。

 

まずは、ニスを焼き切ります。
焼き切らないタイプの塗装が施されていることもありますが、中華鍋の多くに施されている防錆塗装は「焼き切ることで落とすタイプ」です。

 

注意書きをチェックしておくことをおすすめします。

 

防錆塗装を焼き切ると、色が変わります。
新しい中華鍋には樹脂塗装特有の鈍い光沢がありますが、空焼きすることにより「黒→玉虫色→青灰色」へと変化していきます。

 

中華鍋は、全体が青灰色になるまで空焼きしていきます。

 

内部URL:僕のお弁当。「中華鍋を使い始めるには?

 

油ならし(シーズニング)とは?

空焼きの後は、油膜を作ります。

 

鉄は、錆びます。
空焼きにて防錆塗装を焼き切った中華鍋は「錆びやすい状態」にありますので、油ならしやシーズニングによって油膜を形成していきます。

 

  • 油ならし:1/2~1カップほどの油を熱すること
  • シーズニング:加熱しながら何度も油を薄く塗ること

 

中華鍋は、油膜によりくっつきにくくなります。

 

油膜の作り方がポイントです。
中華鍋にできる油膜の正体は「劣化した油(重合油)」ですので、効率的に油を劣化させることによって使いやすい中華鍋へと育っていきます。

 

そのためにも、油ならしやシーズニングが行われます。

 

内部URL:僕のお弁当。「中華鍋がくっつく理由は?

 

野菜くずを炒める理由は?

野菜くずを炒めることもあります。

 

油は、異物により劣化が早まります。
適度に水分を含んだ野菜くずは「油の劣化には好都合」であり、野菜くずを炒めることで油膜(樹脂層)の形成が促されます。

 

また、鉄臭さの防止にもなります。
そのため、使いやすくするための野菜くずは何でも構いませんが、鉄臭さを除去するためには香味野菜のくずが好まれる傾向にあります。

 

たとえば、長ネギや玉ねぎの切れ端などです。

 

日常的な手入れは?

中華鍋は、気分屋です。
基本となる使い方を守っていたとしても、様々な理由によって使いやすい日もあれば、使い難い日もあります。

 

これは、使いやすさが油膜(樹脂層)の状態に左右されるためです。

 

また、温度によっても変わります。
闇雲に「高温にすればよい」というわけではありませんが、温度が下がりすぎると油切れを起こしてくっつきやすくなるのは事実です。

 

そのため、日常の手入れも重要になってきます。

 

油返しとは?

油返しというテクニックがあります。
油返しとは、熱した中華鍋に多めの油を入れてなじませ、余分な油をオイルポットなどに戻してから調理をはじめるというテクニックです。

 

これにより、「油がなじむ」「熱ムラがなくなる」などのメリットが得られます。

 

必ずしも必要な作業ではありません。
ある程度使い込まれた中華鍋であれば(十分な油膜が形成されているために)油返しをしなくても問題なく使えることもあります。

 

油返しの必要性は、慣れてくると分かるようになっていきます。

 

洗い方(ささらの使い方)は?

中華鍋は、ささらで洗います。
ささらとは「細く切った竹を束ねた洗浄道具(円柱形のほうきのようなもの)」であり、(基本的に)中華鍋は竹ささらと水のみで洗います。

 

もちろん、たわしでもOKです。
しかし、竹ささらであれば「調理後の中華鍋に少量の水を入れて温度を下げることなく洗うことができます」ので、たわしよりも効率的です。

 

個人的には、竹ささらでの洗浄をおすすめします。

 

内部URL:僕のお弁当。「中華鍋の洗い方は?

 

油を塗る必要はある?

油を塗る必要はありません。
中華鍋や鉄フライパンは「洗った後に油を塗る」という意見もありますが、(洗剤を使いませんので)油を塗らなくてもさびることはありません。

 

油を塗るのは、長期保管時のみです。

 

中華鍋は、洗剤を使わずに洗います。
プロの厨房のように「圧倒的な使用頻度」がある場合には(強固な油膜が形成されますので)洗剤で洗ってもOKですが、下ろしたばかりの中華鍋には洗剤を使いません。

 

頻繁に洗剤を使ってしまうと、「錆びることがある」「中華鍋がなかなか使いやすくならない(育たない)」などの問題が生じてしまう可能性があります。

 

しばらくは、洗剤を使わずに竹ささらで「汚れをこそぎ落す」ようにして洗います。

 

中華鍋の手入れには、「空焼き」「油ならし(またはシーズニング)」「油返し」「洗い方」などがあります。空焼きと油ならし(およびシーズニング)は初期の手入れであり、油返しと洗い方は日常的な手入れであると言えます。中華鍋は上手に手入れをすれば(一般家庭であれば)一生ものと言われるほどに長持ちしますが、間違った手入れをしてしまうと「使い難い」「孔食が生じる(穴が開いてしまう)」などのリスクがあることも事実です。

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「山田工業所 打出北京鍋 27cm

 

外部URL:Amazon「EBM 竹ささら 18cm

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華お玉 ステンレス

 

外部URL:Amazon「遠藤商事 中華ヘラ ステンレス

スポンサーリンク

TOPへ