麦飯(麦ご飯)の炊き方は?

麦飯(麦ご飯)の炊き方は?

麦飯の炊き方は、シンプルです。

 

普段使いの炊飯器で炊けます。
はじめての麦飯であれば、お米2~3合(水加減は規定量)に対し、「押麦50gと水100ml」を加えて炊飯のスイッチを押すだけです。

 

麦飯には、特有の香りがあります。
この香りを「臭い」と感じて苦手意識を持つ方も少なくありませんが、苦手でなければおすすめできる主食(糖質源)となります。

 

まずは、少ない割合から試してみることをおすすめします。

 

材料

 

  • お米:2~3合(規定量の水)
  • 麦(丸麦や押麦など):50g
  • 水:100ml

 

作り方

 

  1. お米2~3合を普段通りに準備します
  2. 麦と水を加えて炊飯のスイッチを押します
  3. 炊きあがりましたら、お米と麦を混ぜて完成です

 

麦飯の麦は、洗った方が美味しく炊けます。しかし、家庭用として販売されている麦の多くは「洗わずに炊ける」ものが多く、「洗わなくても問題なく炊ける」ようになっています。「明らかな食味の違いが生じる」としている書籍もありますが、個人的には「麦の割合の少ない炊き方であれば大きな違いは感じられない」というのが正直な感想です。

 

麦飯にするメリットは?

麦飯のメリットは、食物繊維です。
麦飯にすることで「食物繊維」「蛋白質」「ビタミン」などを摂取しやすくなりますが、特に注目して欲しいのが食物繊維です。

 

食物繊維は、糖代謝に影響します。

 

たとえば、眠気。
お昼ご飯を食べた後に眠気が起こるのには「糖代謝(血糖値)」が関係していますが、麦飯にすることで白米よりも眠気が起こりにくくなります。

 

この点からも、お弁当のご飯としての麦飯はおすすめできます。

 

麦飯は、麦を単独で(もしくはお米と麦を合わせて)炊いたご飯です。一般的には「お米:麦=7:3」くらいの割合が好まれています。また、使用する麦には「丸麦」「押麦」「切断麦」「米粒麦」などの違いがありますが、個人的には「押麦」を好んで使っています。麦特有の香りには得意不得意がありますが、(苦手でなければ)心からおすすめできます。

スポンサーリンク

TOPへ