片栗粉の保存方法は?

片栗粉の保存方法は?

片栗粉の保存方法は、難しくありません。

 

片栗粉には虫がつきません。
もちろん、「虫害のリスクがゼロ」というわけではありませんが、小麦粉や米粉などと比べると、「圧倒的に虫害のリスクの低い食品」です。

 

これは、栄養バランス(PFCバランス)に偏りがあるためです。

 

片栗粉は、常温保存できます。
湿度には(多少の)注意は必要ですが、小麦粉や米粉などのように密閉容器である必要はありませんので、100均の簡易的な保存容器などでもOKです。

 

保存容器は、使いやすさ重視で選ぶことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

片栗粉に虫がつかない理由は?

片栗粉には、虫がつきません。

 

片栗粉の栄養価は貧弱です。
小麦粉が小麦を製粉したものであるのと比べ、片栗粉は精製された澱粉の粉ですので「ほぼ炭水化物」しか含まれていません。

 

栄養価に偏りがあるため、ダニなどの害虫であっても繁殖できません。

 

小麦粉(薄力粉) 米粉(上新粉) 片栗粉(じゃが芋澱粉)
蛋白質 8.0% 6.2% 0.1%
脂質 1.7% 0.9% 0.1%
炭水化物 75.9% 78.5% 81.6%
微量栄養素 豊富 豊富 貧弱

 

害虫も生き物です。
多くの生き物は「栄養豊富な場所を好みます」ので、粉ものにつきやすい害虫(コクゾウ、コクヌストモドキ、コナダニなど)であっても片栗粉は敬遠します。

 

栄養価が貧弱すぎて繁殖できないためです。

 

片栗粉の保存方法は?

片栗粉の保存は、作業性重視です。

 

片栗粉には虫害のリスクが(ほぼ)ありません。
そのため、保存方法(温度)や保存容器(密閉性)に気を使う必要がなく、作業性(開けやすさや片づけやすさ)などを重視します。

 

もちろん、多少の注意は必要です。
いくら「虫害のリスクが少ない」とはいっても塩や砂糖などのように「全く傷まない」という訳ではありません。

 

使用頻度が低い場合には密閉容器に入れておくと安心です。

 

内部URL:僕のお弁当。「肉に小麦粉や片栗粉をまぶす理由は?

 

内部URL:僕のお弁当。「粉ふりボトルはおすすめ?

 

小麦粉や米粉などとの違いは?

片栗粉は、常温保存をおすすめします。

 

小麦粉や米粉には、冷蔵庫保存が推奨されています。
これは、小麦粉や米粉は(栄養豊富であるために)虫害のリスクが高いためであり、害虫の活動が著しく低下する低温での管理が適しているためです。

 

しかし、湿度の問題があります。
冷蔵庫は乾燥していますが、低温管理されていた食品(この場合は粉もの)を常温で開封しますと「温度差によって吸湿してしまう」ことになります。

 

このため、頻繁に使うものは常温管理が基本になります。

 

小麦粉や米粉を冷蔵庫で管理する場合、(特に暖かい季節は)「常温に戻してから開封する」もしくは「小分けにして短期間で使い切れる分は常温で管理する」などの工夫が必要になります。吸湿してしまうと著しく食味が失われたり保存性が悪くなってしまいます。

 

片栗粉は、害虫(コクゾウ、コクヌストモドキ、コナダニなど)のつきにくい食品です。これは、片栗粉が精製された澱粉の粉(炭水化物)であるために害虫が繁殖できない(繁殖しにくい)ためです。このことからも、片栗粉は「使いやすい容器に入れて常温管理する」ことが基本となります。冷蔵庫に入れてしまうと、取り出すときに吸湿してしまう可能性がありますので、基本的には常温での管理をおすすめします。

 

スポンサーリンク

TOPへ