お弁当の副菜レシピは?

副菜(小さなおかず)

副菜は、小さなおかずです。
主に微量栄養素や食物繊維のおかず(野菜など)であることが多く、お弁当全体の2~3割くらいを占める料理になります。

 

副菜は、お弁当のバランスを整えます。

 

副菜は、主菜を支える名脇役です。
副菜のバリエーションが豊かであればお弁当の彩りや栄養バランスは格段に良くなりますので、お弁当の陰の主役であると言えます。

 

ここでは、サブのおかずのレシピを紹介します。

 

副菜は、小さなおかずです。主に野菜のおかずであることが多く、微量栄養素(ビタミンやミネラルなど)の摂取が目的になります。お弁当には品数(3品ほど)が必要になりますので、常備菜として作り置きしておくのが一般的です。

お弁当の副菜レシピは? 作り方のコツと注意点記事一覧

煮卵の作り方は?煮卵の作り方です。煮卵はめんつゆでも作れます。しかし、安い市販のめんつゆ特有の「しつこい甘味とうま味」が苦手であれば、めんつゆを使わなくても作ることができます。また、作り置きが可能です。作り置きしておけば朝に切って詰めるだけですので、お弁当箱の隙間ができてしまいそうな時などには特に重宝します。時間のある時に作っておくことをおすすめします。材料卵:3個削り節:1パック(2~3gくらい...

シンプルポテトサラダシンプルなポテサラです。材料は主材料のじゃが芋のみで、ハムやゆで卵などの副材料は一切加えません。また、砂糖や胡椒なども加えません。しかし、美味しいポテサラになります。もちろん、甘味や酸味、スパイスの香味を加えることでより美味しくはなりますが、シンプルなポテサラも悪くありません。このレシピは、僕のポテサラのベースです。材料じゃが芋:150g(1個)0.5%食塩水:適量塩:0.45...

甘い卵焼き甘い卵焼きの作り方です。卵焼きには、大きく2種類があります。それが、甘い卵焼きとしょっぱい卵焼き(だし巻き卵など)であり、お弁当に入れる場合には甘い卵焼きをおすすめします。これは、甘い卵焼きの方が傷みにくいためです。砂糖は、タンパク質の熱凝固を妨げます。そのため、砂糖の多い甘い卵焼きのレシピでは、水分量を増やさなくても柔らかくふわふわな卵焼きを作りやすくなります。お弁当に入れる場合、甘い...

青菜の胡麻和えの作り方は?青菜の胡麻和えの作り方を説明します。青菜とは、青い葉物野菜全般を指します。たとえば、小松菜、ほうれん草、春菊など、青菜の料理にはその時々の旬なものを使うことができ、お弁当の彩りとしてもおすすめできます。作り方はシンプルです。しかし、シンプルであるからこそ「素材(青菜)の良し悪し」や「下ごしらえの有無」による違いが大きくなり、手の抜けない料理でもあります。まずは、シンプルに...

じゃが芋の胡麻マヨ和えの作り方は?じゃが芋をよく食べます。特にマヨネーズと和えたじゃが芋が好きで、肉じゃがのじゃが芋にも(ちょこんと)マヨネーズを乗せてしまうほどです。しかし、お弁当には不向きです。マヨ和えは傷みやすい料理です。そのためお弁当には敬遠されることが多く、加熱せずにマヨネーズを使った料理を詰める場合には「冬季限定」のようなルールを設ける必要があります。今回は、そんなレシピです。材料じゃ...

スポンサーリンク

TOPへ