お弁当の主菜レシピは?

主菜(大きなおかず)

主菜は、大きなおかずです。
主にタンパク質のおかず(肉や魚など)であることが多く、お弁当全体の2~3割くらいを占める料理になります。

 

主菜は、お弁当の主役です。
たとえば、主菜がハンバーグであればハンバーグ弁当と呼ばれますし、チキンカツであればチキンカツ弁当になります。

 

メインとなるおかずのレシピを紹介します。

 

主菜は、大きなおかずです。主に肉や魚などの「タンパク質のおかず」であることが多く、栄養面から言えば一食80~100gほどの肉や魚を摂ることが理想です。もちろん、育ち盛りや運動習慣がある場合にはそれよりも多くなります。

お弁当の主菜レシピは? 作り方のコツと注意点記事一覧

鶏胸肉の味噌漬けの作り方は?鶏胸肉の味噌漬けです。鶏胸肉は、経済的です。しかし、鶏胸肉の「脂質が少なくあっさりしている」「加熱しすぎるとパサパサになる」という特徴を苦手とする人は少なくありません。僕自身、「漬ける下ごしらえ」を知るまでは苦手でした。鶏胸肉は、漬けることで柔らかくなります。これは、味噌(麹)に含まれる蛋白質分解酵素(プロテアーゼ)が、鶏胸肉の主要な蛋白質である筋原線維蛋白質を分解する...

鶏唐揚げの作り方は?僕の鶏唐揚げです。ポイントは蜂蜜です。蜂蜜を加えることにより、冷めても美味しい鶏唐揚げになります。鶏の唐揚げは、アレンジできます。たとえば、胡椒をカレー粉や五香粉(ウーシャンフェン)にしても美味しいですし、残ったら酢鶏やチリソース和えにしても美味しく食べれます。お弁当には、なくてはならないおかずです。材料鶏もも肉: 1枚(250g)A(下味)酒:大さじ1醤油:大さじ1塩:ひとつ...

鶏胸肉ハンバーグの作り方は?鶏胸肉ハンバーグの作り方です。鶏胸肉は、家計の味方です。しかし、調理法によっては「硬くパサついた料理」になりますので、加熱方法、酵素によるタンパク質の分解、ミンチにするなどして対策されます。鶏胸肉ハンバーグもそのひとつです。副材料の多いハンバーグです。鶏胸肉は(牛肉100%の場合のような)ハンバーグステーキにしてしまうと固くなりますので、副材料を増やしてくずれやすくする...

豚小間肉を使った黒酢酢豚の作り方は?黒酢酢豚の作り方です。豚小間肉で作ります。本来は豚肩ロースなどを使う料理ではありますが、(僕は)手軽なお弁当のおかずとして豚小間肉を使って作ります。食欲のわくレシピです。脂身の多い部位がおすすめです。もちろん、脂身が苦手であれば赤身の部位でも問題ありませんが、脂身とお酢(黒酢)は相性の良い組み合わせですのでおすすめできます。材料豚小間肉:200gA酒:大さじ1醤...

油淋鶏の作り方は?油淋鶏の作り方です。本来の油淋鶏は丸鶏です。しかし、家庭料理としての油淋鶏は骨付きの鶏もも肉などで作られることが多く、今回のレシピにおきましても鶏もも肉を使用しています。骨付き肉の方がおすすめですが、骨のついていないもも肉でも美味しくできます。油淋ソースは汎用性の高さが魅力です。同じレシピのソースを中華サラダなどにも使いまわせますので、少し多めに作っておいても後悔はしないはずです...

フライドチキンの作り方は?フライドチキンは、家庭で作れます。もちろん、専門店で食べるような本格的なフライドチキンとはいきませんが、家庭で作るフライドチキンには家庭で作るフライドチキンの良さがあります。むしろ、シンプルなレシピが恋しくなることもあるほどです。スパイスは3種類のみです。本格なレシピのように複数のスパイスを必要としませんので、料理(お弁当作り)をはじめたばかりであってもハードルは高くあり...

鶏胸肉の照り焼きの作り方は?照り焼きは、年代を問わず人気です。お弁当には鶏肉が重宝します。豚肉や牛肉のように「脂が固まってしまう」ことがないため、冷めた状態で食べることの多いお弁当にはおすすめできる食材であるためです。また、ヘルシーで経済的です。しかし、鶏胸肉には物足りなさがあります。そこで、下味をつけた上で甘辛の照り焼きにすることで「お弁当に入れても満足度の高いおかず」になります。材料鶏胸肉:1...

カニカマクリームコロッケの作り方は?カニクリームコロッケは、カニカマでも作れます。カニカマには、分かりやすい味があります。悪く言えば「チープな味」とも言えなくはありませんが、お弁当のおかずとしては「分かりやすい味のカニカマ」が良かったりもします。クリームコロッケは、ハードルが高いような気がしますよね?しかし、安心してください。シンプルなレシピでも十分に美味しいクリームコロッケが作れますし、週末など...

スポンサーリンク

TOPへ