お弁当の主食レシピは?

主食(ご飯や麺類など)の作り方は?

主食は、炭水化物です。
主にご飯は麺類、パンなどがこれに該当し、お弁当箱の5割(カロリーベースで6割)ほどを占めることになる重要な料理です。

 

ご飯や麺類は、冷やすとボソボソになります。
これは、ご飯や麺類の糊化(α化)した澱粉が冷やされることで老化(β化)するためであり、腸にとっては食物繊維に近い働きをするようになります。

 

冷や飯が健康に良いとされるのは、このためです。

 

しかし、美味しくはありません。
そこで、お弁当の主食には、冷めても美味しく傷みにくくなるような工夫が施されることも珍しくはありません。

 

もちろん、普段のご飯をそのまま詰めることもあります。

お弁当のご飯(主食)レシピは?作り方のコツと注意点記事一覧

大豆ご飯の作り方大豆ご飯の作り方です。僕はよく作ります。豆ご飯にしてしまえば「まごわやさしい」をクリアしやすくなりますし、ご飯に軽い塩気がつきますので暖かい季節のお弁当にもおすすめです。もちろん、普通に美味しいご飯です。また、カサ増しの意味もあります。多くの家庭ではご飯を1合単位で炊くかと思いますが、僕の食欲を満たすためには「1食に0.5合強が欲しい」と考えています。大豆を足すと、1合がちょうど2...

麦飯(麦ご飯)の炊き方は?麦飯の炊き方は、シンプルです。普段使いの炊飯器で炊けます。はじめての麦飯であれば、お米2~3合(水加減は規定量)に対し、「押麦50gと水100ml」を加えて炊飯のスイッチを押すだけです。麦飯には、特有の香りがあります。この香りを「臭い」と感じて苦手意識を持つ方も少なくありませんが、苦手でなければおすすめできる主食(糖質源)となります。まずは、少ない割合から試してみることを...

スポンサーリンク

TOPへ