鉄フライパンの使い方は?

鉄フライパンの使い方は?

鉄のフライパンは、料理を美味しくします。

 

蓄熱性があるためです。
鉄のフライパンには「多くの熱エネルギーを蓄える」という特徴があり、テフロン加工のフライパンよりも料理が美味しく仕上がります。

 

しかし、使い方の難しさもあります。

 

テフロン加工とは根本的に違います。
鉄のフライパンは熱してから油を入れなければいけませんし、料理を入れたままにしたり、濡らしたままにしておけば錆びてしまいます。

 

また、使い始めの一手間もあります。

 

鉄フライパンには防錆塗装が施されています。
フライパンを使い始めるには「防錆塗装を焼き切ってから油ならし(シーズニング)をしておく必要があります」ので、意外と大変です。

 

このカテゴリーでは、鉄のフライパンを科学していきます。

鉄フライパンの使い方? 育てることのできるフライパン記事一覧

鉄フライパンの油膜は野菜くずで作る?鉄フライパンは、野菜くずを炒めます。野菜くずは、油を劣化させます。使い込まれた鉄フライパンが使いやすくなるのは(油が劣化することによる)油膜ができるためであり、効率的にフライパンを育てることができます。油膜の正体は、油が重合することによる樹脂層(ポリマー層)です。鉄フライパンには、コーティングがありません。新品の鉄フライパンには(流通過程での錆を防ぐために)防錆...

銅の卵焼き器はくっつく?銅は、熱伝導率の高さが魅力です。また、熱容量の高い素材でもありますので、「熱がムラなく伝わる」「卵を入れても温度が下がりにくい」という特徴を持つことになります。これは、卵焼きを焼くためには理想的な特徴です。しかし、難しさがあることも事実です。油がなじむまではくっつきます。鉄フライパンであれば熱してから油をひくことでくっつきにくくなりますが、銅の卵焼き器は錫引き加工されている...

南部鉄器の卵焼き器の特徴は?南部鉄器には、卵焼き器もあります。卵焼き器の定番は、銅です。僕自身、普段は銅の卵焼き器を使っていますが、雰囲気のある卵焼きを焼きたいときには南部鉄器の卵焼き器を使うこともあります。意外と気に入っています。しかし、使い難さもあります。南部鉄器の特徴は「鋳鉄であるからこその重さ」ですが、重さは「熱容量が高い」というメリットになる一方、「扱いにくい」というデメリットにもなりま...

おすすめの卵焼き器のサイズは?卵焼き器は、ミニサイズをおすすめします。具体的には10cm前後です。お弁当作りにおける卵焼きは1~2個の卵で作ることが多くなりますので、小さめの卵焼き器(10cm前後の卵焼き器)がおすすめです。僕は、サイズ選びに失敗しました。本当に欲しいのは関西型の10cm前後でした。しかし、12cmを購入してしまったために卵1~2個では貧相な卵焼きになってしまい、卵焼きを作る機会が...

卵焼き器の使い方は?卵焼き器には、正しい使い方があります。基本的に、油はケチりません。はじめから油を減らしてしまうと「くっついてしまう」「ふっくらしない」などの問題が生じやすくなりますので、はじめはたっぷり使うことをおすすめします。油を減らすのは、慣れてきてからでも遅くはありません。卵は、油を吸いやすい食材です。卵料理の焼き油は、水分量の多いだし巻き卵には「1%前後」が用いられ、炒り卵やかに玉など...

くっつかない卵焼き器は?くっつかない卵焼き器には、2通りがあります。たとえば、フッ素樹脂加工。フッ素樹脂加工の卵焼き器には「使いはじめはくっつきにくい」という特徴を持ちますが、表面加工の劣化に伴い「徐々にくっつきやすくなっていく」ことになります。そのため、数ヵ月(数年)毎に買い替える方は少なくありません。次に、鉄や銅の卵焼き器。これらの卵焼き器には(摩擦係数を減らすための)表面処理がありませんので...

卵焼きが黒くなる理由は?卵焼きは黒くなることがあります。原因は主に2点です。それが、「鮮度の落ちた卵を使ってしまっていること」と「必要以上に加熱してしまっていること」です。鮮度が落ちると変色しやすい加熱しすぎると変色しやすいポイントは、硫化水素です。卵白の蛋白質を構成するアミノ酸(シスチンやメチオニン)には硫黄が含まれており、硫黄は熱によって硫化水素(H2S)に変化します。黒色の正体は硫化鉄です。...

スポンサーリンク

TOPへ