お弁当箱の選び方は?

お弁当箱の選び方は?

お弁当箱の選び方は、複雑です。

 

おすすめのお弁当箱はありません。
たとえば、「誰が使うのか?」によって形状や容量は変わりますし、保管方法によっては材質が限定されることもあります。

 

  • 形状:持ち運びやすさ
  • 容量:摂取エネルギー
  • 素材:保存性や密閉性

 

これらを参考に各自で選ぶしかありません。
主に、形状は「持ち運びやすさ」、容量は「年齢や活動量などを考慮したエネルギー量」、素材は「熱伝導率、密閉性、洗いやすさなど」に影響します。

 

お弁当選びには、理屈があります。
はじめから理想的なお弁当箱を選ぶことは難しく、まずは「サイズ(容量)」の目安を知ることから始めることをおすすめします。

 

内部URL:僕のお弁当。「お弁当箱のサイズは?

お弁当箱の選び方は? おすすめには個人差がある理由記事一覧

お弁当箱の材質の違いは?お弁当箱には、多くの材質があります。一般的には、3種類です。「プラスチック(PP:ポリプロピレン)」「金属(アルミニウム合金やステンレスなど」「木材(曲げわっぱなど)」が広く普及しています。変わったところでは、琺瑯のお弁当箱などもあります。どの材質にも一長一短があります。密閉性や価格を重視するのであればプラスチック(ポリプロピレン)製が優れていますし、洗いやすさを重視するの...

アルミお弁当箱の特徴は?アルミのお弁当箱が好きです。アルミのお弁当箱は、清潔です。プラスチックのように「油汚れが落ちにくい」「傷がつきやすい」「形状が複雑で洗いにくい」といったことがないためです。また、熱伝導率に優れています。熱伝導率とは、熱の伝わりやすさです。熱が伝わりやすいということは「温まりやすく冷めやすい」ということですので、食中毒を防ぐためにも重宝する特徴であると言えます。そのため、保温...

お弁当箱のサイズ(大きさ)は?お弁当箱には、サイズの選択肢があります。おおよそ、「容量=カロリー」です。もちろん誤差の大きな目安ではあるのですが、600mlのお弁当箱に対して常識的な詰め方をすると約600kcalになるとされています。しかし、あくまでも目安です。お弁当には個人差があります。揚げ物が多いのか蒸し物が多いのかでもカロリーは変わってきますし、ぎっしり詰めるのか空間を開けて詰めるのかでも変...

お弁当箱にはタッパーがおすすめ?タッパーは、お弁当箱にも使えます。タッパーはプラスチック製の密閉容器です。厳密に言えばタッパーウェアの製造するプラスチック容器のことを指しますが、一般的にはプラスチック製密閉容器全般を指す言葉になっています。このサイトでも、後者の意味で説明しています。タッパーには、多くのメリットがあります。主なものとしては、「サイズ(容量)が豊富」「比較的に安価(安い)」「密閉容器...

曲げわっぱにウレタン塗装を選ぶ理由は?ウレタン塗装の曲げわっぱを使っています。曲げわっぱには種類があります。それが、「白木(無塗装)」「漆塗り」「ウレタン塗装」の3種類であり、基本的には「曲げわっぱ=白木」ではあるものの、漆塗りやウレタン塗装も悪くありません。白木(無塗装):水分が調節される漆塗り:抗菌性があるウレタン塗装:気を使わずに使える僕の曲げわっぱは、ウレタン塗装です。本来の(曲げわっぱの...

冷めるスープシャーは腐る?スープジャーは保温性能が重要です。55℃が一つの目安になります。有害な微生物の多くは55℃以上の温度で増えることはできませんので、食べるタイミングまで55℃以上をキープできていれば安心です。もちろん、それ以下でもすぐに悪くなるわけではありません。しかし、注意は必要です。余熱なしでスープを注いだり、容量に対して少なすぎる量を入れていたのではすぐに温度が下がりぬるい(52℃未...

おすすめのお弁当箱は?おすすめのお弁当箱はありません。求めているものは、千差万別です。たとえば、同じ30代男性であっても「職種」「運動習慣の有無」「体質」などによって食事量(エネルギー摂取量)が変わりますし、通勤方法も違います。ビジネスバックに入れるのであれば「スリム型2段」が好まれる傾向にあり、自家用車の助手席に置くのであれば「薄型1段」が好まれる傾向にあります。さらに、作り手の思惑が入ります。...

スポンサーリンク

TOPへ