おすすめの包丁は?

おすすめの包丁は?

包丁選びは、複雑です。
安すぎる包丁が良くないことは確実ですが、「高い包丁が良い包丁か?」と聞かれれば、決してそんなこともありません。

 

また、包丁選びは上を見ればきりがありません。

 

当サイトでは、藤寅作をおすすめしています。
芯材にコバルト合金(V金10号)を使っていながらも三徳包丁が5000円前後ですので、コストパフォーマンスに優れた包丁であると言えます。

 

ハンドルは、「本通し」です。
包丁のハンドルの構造には「中子」「背通し」「本通し」がありますが、ある程度の重さのある包丁が好みの場合には本通しがおすすめです。

 

僕は、藤寅作の三徳包丁と骨スキをメインに使っています。

 

おすすめの包丁は? 初心者向けの選び方と使い方について記事一覧

三徳包丁と牛刀の違いは?はじめての包丁には、三徳包丁か牛刀がおすすめです。両者は万能包丁です。三徳包丁と牛刀(シェフナイフ)は、肉、魚、野菜などを切ることのできる汎用性の高い包丁になっています。どちらを選ぶかは好みの問題です。個人的には、三徳包丁をおすすめします。刃渡りが短く刃幅の広い三徳包丁は、小さめのまな板で野菜を切ることの多い日本人の台所に最適な包丁だと考えているためです。三徳包丁の特徴は?...

包丁の材質は?包丁の材質は、複雑です。大きくは鋼(ハガネ)とステンレスに分けられます。鋼とは鉄に炭素を加えた合金鋼であり、ステンレスは鋼に10.5%以上のクロムが加えられている合金鋼です。鋼(ハガネ):鉄+炭素ステンレス:鋼+クロム(10.5%以上)鋼は錆びやすくステンレスは錆びにくい素材です。基本的には、ステンレスをおすすめします。最近のステンレスは「すごく優秀」であり、5000~10000円ほ...

藤寅作DPコバルト三徳包丁の特徴は?藤寅作DPコバルトの三徳をおすすめします。包丁は、上を見ればきりがありません。家庭で使用する包丁としては「ちょうどよいスペックと価格帯」であると考えており、コスパの面から言っても文句のつけようがありません。刃材は割り込み(複合材)です。片刃気味に砥ぎたい場合には注意する必要がありますが、両刃のまま使用するのであれば心からおすすめできると考えています。また、ハンド...

スポンサーリンク

TOPへ