僕の料理道具。

僕の道具。

調理をするには道具が必要です。
当たり前のようなことですが、道具はお弁当作り(料理)の相棒になりますので慎重に選ぶ必要があります。

 

まずは、基本に忠実であることです。

 

定番には定番になり得る理由があります。
ついつい便利グッズや有名人監修の道具に手を出したくなるものですが、それらはシンプルな道具をそろえてからにすることをおすすめします。

 

道具選び及び使い方にも、明確な理屈があります。

僕の料理道具。記事一覧

おすすめの包丁は?包丁選びは、複雑です。安すぎる包丁が良くないことは確実ですが、「高い包丁が良い包丁か?」と聞かれれば、決してそんなこともありません。また、包丁選びは上を見ればきりがありません。当サイトでは、藤寅作をおすすめしています。芯材にコバルト合金(V金10号)を使っていながらも三徳包丁が5000円前後ですので、コストパフォーマンスに優れた包丁であると言えます。ハンドルは、「本通し」です。包...

鉄フライパンの使い方は?鉄のフライパンは、料理を美味しくします。蓄熱性があるためです。鉄のフライパンには「多くの熱エネルギーを蓄える」という特徴があり、テフロン加工のフライパンよりも料理が美味しく仕上がります。しかし、使い方の難しさもあります。テフロン加工とは根本的に違います。鉄のフライパンは熱してから油を入れなければいけませんし、料理を入れたままにしたり、濡らしたままにしておけば錆びてしまいます...

雪平鍋とは?雪平鍋とは、日本料理の万能鍋です。多くはアルミや銅で作られており、熱伝導率の高さから「短時間でお湯を沸かす」「ムラなく加熱される」などの長所があります。下ごしらえに重宝します。アルミの特徴は、軽くて熱伝導率に優れることです。この特徴は下ごしらえなどに重宝し、多くの食材を同時に下ごしらえすることの多い日本料理においては欠かすことのできない鍋となっています。名前の由来には、諸説あります。主...

鋳物鍋とは?鋳物鍋は、ずっしりと重い鍋です。鋳物鍋は、熱を蓄えます。この高い蓄熱性(保温性)によって、煮込み料理は食材の内部までふっくらと仕上がり、揚げ物は外がサクサクの軽い仕上がりになります。また、表面加工の違いもあります。錆止め塗装(漆など):南部鉄器やダッチオーブンなど琺瑯:鋳物琺瑯鍋(ルクルーゼやストウブなど)鋳物鍋は、多種多様です。たとえば、南部鉄器には鉄瓶や鉄釜などもありますし、ダッチ...

中華鍋をおすすめする理由は?中華鍋は汎用性の高い調理道具です。僕は中華鍋を多用します。底の丸い中華鍋は熱効率がよく素早い調理ができますし、鉄の蓄熱性によりテフロン加工の調理道具よりも美味しくなります。また、洗うのが楽です。中華鍋は、竹ささらで洗います。竹ささらは「細く切った竹を束ねた洗浄道具」であり、一般的には中華鍋は洗剤を使わずに竹ささらと水のみで洗浄されます。正直、テフロン加工の調理道具よりも...

その他の道具料理道具には、必須の道具と任意の道具があります。たとえば、包丁やフライパン、鍋などの料理道具は必須道具ですが、ボウルやバット、泡立て器などは「無くても何とかなる道具」ですよね?しかし、任意の道具が料理のやりやすさに直結します。このカテゴリーでは、任意の道具を紹介します。なお、圧力鍋や中華鍋、鋳物琺瑯鍋(ルクルーゼなど)はなくても何とかなりますが、このカテゴリーではなく鍋やフライパンのカ...

スポンサーリンク

TOPへ