スパイスの特徴と使い方は?

スパイスの特徴と使い方は?

スパイスは、料理の幅を広げます。

 

使い方は難しくありません。
スパイスと聞くと「西洋料理やエスニック料理など」をイメージするかもしれませんが、広義におけるスパイスとはもっと身近な存在です。

 

多くの家庭にはわさびチューブがありますよね?

 

ワサビやカラシも立派なスパイスです。
また、日本料理にも多くのスパイスが使われており、大葉やミツバはフレッシュスパイスとして使いますし、山椒などはパウダースパイスとして使います。

 

スパイスへの苦手意識を持つ必要はありません。

スパイスの効果と使い方は?記事一覧

ハンバーグのナツメグの役割は?ハンバーグにはナツメグを加えます。ナツメグを加えることにより「挽肉の臭み消し」や「(ナツメグ特有の)エキゾチックな香りが加わる」などの効果があります。挽肉料理には欠かせないスパイスです。ナツメグを加えると、グッと美味しくなります。しかし、ナツメグの臭み消しの効果はさほど高いものではありませんので、臭みを消すために量を加えすぎてしまうとナツメグ臭くなってしまう可能性もあ...

カレー粉の使い方は?カレー粉は、汎用性の高いスパイスです。複数のスパイスが混合されています。具体的にはターメリック、コリアンダー、カイエンペッパー、クミンなどを軸として、各メーカーによる独自の調合レシピが用いられます。カレー粉は、インド風シーズニングです。カレールーとは異なります。カレールーは、カレー粉にうま味調味料、小麦粉、油などが加えられている調味料ですので、カレー粉とは使い方自体が大きく異な...

ガラムマサラとカレー粉の違いは?ガラムマサラとカレー粉は、似て非なるスパイスです。両者は、どちらも混合スパイスです。使用されるスパイスには共通点が多く、「カレー粉から着色性スパイスを抜いたものがガラムマサラ」と表現されることもあります。間違いではありません。しかし、ガラムマサラは特定の混合物(混合スパイス)を指す言葉ではありませんので、製品によってはカレー粉とはかけ離れたものも存在します。明確なル...

チリパウダーとカイエンペッパーの違いは?チリパウダーは、シーズニングです。中南米(メキシコやアメリカ南部など)で広く親しまれているブレンドスパイスであり、各地域や各家庭によって配合は異なります。カイエンペッパーとは異なります。カイエンペッパーは、唐辛子です。(諸説ありますが)南アメリカで生まれたレッドペッパーが世界中に伝番される過程において、カイエンペッパーやチリペッパーなどの変種が生まれたとされ...

シーズニングスパイスとは?シーズニングスパイスは、調合されたスパイスです。たとえば、カレー粉。カレー粉はターメリック、コリアンダー、カイエンペッパー、クミンなどが調合されたインド風シーズニング(スパイスミックス)であると言えます。シーズニングには2つの意味があります。それが、「風味をつける(味付けをする)」という意味と、「慣らす(適応させる)」という意味でのシーズニングです。前者はスパイスなど、後...

五香粉(ウーシャンフェン)とは?五香は、ブレンドスパイスです。五香の名が示す通り「5種類のスパイスがブレンドされたシーズニング」であり、中国料理には欠かすことのできないスパイスです。配合には地域差があります。共通して使われるスパイスは「陳皮、桂木(フェネル)、丁香(クローブ)」の3種類であり、残りの2種類には地域差が大きくなります。また、五香と五香紛は使い分けられます。五香(ウーシャン):ホールス...

スポンサーリンク

TOPへ