中華鍋をおすすめする理由は?

中華鍋をおすすめする理由は?

中華鍋は汎用性の高い調理道具です。

 

僕は中華鍋を多用します。
底の丸い中華鍋は熱効率がよく素早い調理ができますし、鉄の蓄熱性によりテフロン加工の調理道具よりも美味しくなります。

 

また、洗うのが楽です。

 

中華鍋は、竹ささらで洗います。
竹ささらは「細く切った竹を束ねた洗浄道具」であり、一般的には中華鍋は洗剤を使わずに竹ささらと水のみで洗浄されます。

 

正直、テフロン加工の調理道具よりも手入れが楽だと感じています。

中華鍋をおすすめする理由は? 素早い調理と洗いやすさ記事一覧

中華鍋の種類(形状や材質)は?中華鍋には、種類があります。たとえば、形状には「北京鍋」「広東鍋」「四川鍋」などがありますし、材質には「鉄」「アルミ」「チタン」などがあります。一般家庭には、北京鍋をおすすめします。北京鍋は、片手鍋です。広東鍋は「浅型の両手鍋」、四川鍋は「深型の両手鍋」などの違いがありますが、一般家庭で最も使用頻度の高くなるのが北京鍋です。ちなみに、材質には鉄をおすすめします。形状の...

中華鍋を使い始めるには?中華鍋は、空焼きしてから使い始めます。空焼きには、3つの理由があります。新しい中華鍋には錆止め塗装が施されていますので「焼き切る」必要がありますし、熱して黒錆(四酸化三鉄)を作っておけば赤錆(酸化第二鉄)が出にくくなります。また、普段の使用前には「吸着水を飛ばす」ために空焼きします。新品の中華鍋は、高温に熱します。しかし、ガスコンロにSiセンサーがついていると高温に熱するこ...

中華鍋の洗い方は?中華鍋には、正しい洗い方があります。中華鍋は、ささらで洗います。ささらとは「竹などを束ねて作られた洗浄道具」であり、中華鍋には竹のささらを使うことでこびり付いた汚れもきれいに除去することができます。もちろん、たわしで洗ってもOKです。しかし、基本的にはささらをおすすめします。はじめは(ささらが馴染むまでは)使い難さを感じるかと思いますが、使い込むほどにしなやかになり使いやすくなっ...

中華鍋の使い方は?中華鍋には、使い方があります。たとえば、「熱してから油を入れる」「調理後はささらで洗って乾かしておく」などは中華鍋の基本ですし、家庭用コンロであれば「食材を入れ過ぎない」ことも重視されます。フッ素樹脂加工とは、大きく違います。中華鍋は、熱してから油を入れます。熱した鍋に油を加えることによって「油のなじみが良くなる」ことが確認されており、冷たい鍋に油を入れてしまうと食材がくっつきや...

中華鍋のお玉とヘラは?中華鍋は、汎用性の高さが魅力です。中華鍋ひとつで多くの料理ができます。その際の相棒となるのが「中華お玉」と「中華ヘラ」であり、中華鍋を使用するのであれば同時に購入しておくことをおすすめします。ステンレスがおすすめです。中華お玉や中華鍋の材質には「鉄」と「ステンレス」がありますが、一般家庭での使用頻度であれば圧倒的にステンレス製の方が便利です。軽くて錆びないという特徴は、大きな...

中華鍋がくっつく理由は?中華鍋にはコーティングがありません。コーティング(フッ素樹脂加工)がありませんので、正しい使い方をしていなければ「食材がくっついてしまうこと」に悩まされます。くっつくのには理由があります。主な原因としては、「中華鍋が育っていない(油が重合することによる樹脂層が形成されていない)」ことや、「温度管理や調理のタイミングが悪い」などがあります。洗い方を間違えている使い方を間違えて...

中華鍋のお手入れ方法は?中華鍋は、長持ちします。一般的な調理道具(フライパンなど)のようにフッ素樹脂加工が施されていませんので、鉄が摩耗して穴が開いてしまうまでは問題なく使えます。一般家庭であれば、一生ものと言っても過言ではありません。しかし、手入れは欠かせません。適切な手入れをしなければ「くっついてしまって使い難い」「サビてしまう」「孔食と呼ばれる穴が開いてしまう」などの原因になります。手入れは...

中華鍋で揚げ物はできるか?中華鍋は、揚げ物にも使えます。中華鍋は、汎用性の高い鍋です。丸底鍋には「熱ムラができにくい」「食材の量が変わっても一つの鍋でカバーできる」「揚げ物の油が少なくて済む」などのメリットがあります。しかし、メリットばかりでもありません。中華鍋は丸底鍋です。丸底鍋であるからこそ「少量の油でも深さを作れる」ことにはなりますが、同時に「中央部とヘリの部分とでは深さが異なる」ことにもな...

スポンサーリンク

TOPへ