料理の味付けのコツは?

料理の味付けのコツは?

料理には、味をつけます。

 

たとえば、五味。
料理には五味と呼ばれる味(甘味、辛味、酸味、苦味、塩味)があり、これらのバランスが料理の味を形づくります。

 

ちなみに、五味には諸説あります。
当サイトでは「甘味、辛味、酸味、苦味、塩味」と書きましたが、辛味は痛覚であるために「甘味、酸味、苦味、塩味、うま味」とされることもあります。

 

このカテゴリーでは、ちょっとしたコツを説明します。

料理の味付けのコツは?各種調味料の分量について記事一覧

調味料の塩分量は?食塩類塩分濃度食塩1g相当(100/塩分濃度)食塩及び精製塩99.1%1.00g粗塩96.5%1.04g醤油類塩分濃度食塩1g相当(100/塩分濃度)濃口醤油14.5%6.90g薄口醤油16.0%6.25gたまり醤油13.0%7.69g味噌類塩分濃度食塩1g相当(100/塩分濃度)甘味噌6.1%16.39g淡色辛味噌12.4%8.06g赤色辛味噌13.0%7.69gソース類塩分濃...

レモン1個分の果汁は何ml?レモン1個分の果汁は、約45~50mlです。レモン汁は代用できます。たとえば、レシピに「レモン1/3個分の果汁」と記載されていた場合、ポッカレモンなどのレモンジュースで代用できれば便利ですよね?ポイントは、廃棄率(正味重量)です。レモンの廃棄率は、約60%です。平均的な大きさのレモンは約120gですので、「120g×0.4=48g」となり、おおよそ45~50mlに相当す...

計量スプーンやカップでの重さは?計量には、体積や重さが利用されます。家庭料理は体積が基本です。体積(計量スプーンやメジャースプーン)で管理されることが多いのは、そのまま目分量での調味に移行しやすいためです。重さは正確ですが、密度の違いにより目分量では誤差が大きくなります。調味料小さじ(5ml)大さじ(15ml)カップ(200ml)水5g15g200g酒5g15g200g酢5g15g200g醤油6g...

アサリをむき身で代用するには?アサリは、殻付きの生きたものがおすすめです。しかし、砂出し(砂抜き)の手間がありますし、少しだけ使いたいときなどには「水煮や冷凍もののむき身」が便利だったりもします。そこで、代用量を示すことにします。「殻付き100g=むき身40g」です。これは、アサリの食品廃棄率(食べない部分)が約60%であるためであり、多少の誤差はありますが意外と使える数値です。水煮や冷凍アサリは...

調味パーセントの計算方法は?調味パーセントは味付けの原点です。大きく4点のメリットがあります。それが、「材料の多少を問わない」「味付けのイメージをしやすい」「レシピの再現性が高まる」「レシピのコピー(再現)に役立つ」です。計算には「塩の重さ(g)=材料の重さ(g)×塩分(%)÷100」が用いられます。ポイントは、材料の正味重量を見極めることです。たとえば、鶏肉の同じ部位であったとしても「骨付きなの...

調味料(料理)の「さしすせそ」とは?味付けには、正しい順番があります。「さしすせそ(砂糖→塩→酢→醤油→味噌)」の順番で加えることにより、「味が入りやすい」「香りが飛びにくい」などのメリットが得られます。これは、調味料には異なる特徴があるためです。砂糖:分子量が(塩よりも)大きい塩:分子量が(砂糖よりも)小さい酢:揮発性の香りを有する醤油:揮発性の香りを有する味噌:揮発性の香りを有する絶対的なルー...

スポンサーリンク

TOPへ