塩の効果と使い方は?

食塩は、料理に欠かせません。

 

塩加減が料理の出来を決めます。
大げさに感じられるかもしれませんが、塩加減さえ外さなければ「適当に料理をしてもそれなりの味になる」ことになります。

 

これは、調味パーセントの考え方からも明確です。

 

ヒトは、0.8~1.0%の塩分濃度を美味しく感じます。
そのため、多くの料理は0.8~1.0%前後に調味されますし、おかずの場合には主食と合わせて0.8~1.0%前後になるようにします。

 

また、調味だけではありません。
食材の水分を抜くため、タンパク質を溶かして肉を柔らかくするため、長期保存のためなど、ありとあらゆるところで利用される調味料です。

塩の効果と使い方は?影響力の大きな調味料記事一覧

ハンバーグにはなぜ塩を加える?ハンバーグは、塩を加えてこねます。塩には、2の役割があります。それが、「調味のため(塩味を加えて肉の味を引き立てるため)」と、「つなぎとして(肉のまとまりをよくするため)」の2点です。塩の有無によって大きな違いが生じます。調味(塩味をつける)つなぎ(粘りを出す)前者は説明するまでもありませんよね?問題となるのは、後者です。食塩には「肉を構成する一部のタンパク質を溶かす...

ブライニング(塩水処理)とは?ブライニングは、肉や魚を柔らかくします。これは、食塩には蛋白質(アクチンやミオシンなどの筋原線維蛋白質)を溶かす作用があるためであり、食塩水に浸けておくことで柔らかくなります。また、水分量が増えることから、ジューシーにもなります。塩水処理とも呼ばれています。ブライニングの起源は古く、一説では「(船乗りが海水に浸かった肉を食べてみたところ)柔らかくジューシー、さらには風...

スポンサーリンク

TOPへ