料理酒の使い方は?

料理酒の使い方は?

日本料理における料理酒は、日本酒です。

 

料理酒は、効果的な調味料です。
たとえば、「味が染み込みやすくなる」「アルコールとともに食材特有の嫌な臭いも揮発する」「味に奥行きができる」などの効果があります。

 

また、保存性が高くなることもメリットのひとつです。

 

料理酒の選び方は、複雑です。
というのも、日本酒及び料理酒は大きく4種類(飲用清酒、合成清酒、料理用清酒、加塩料理酒)に分類されているためです。

 

種類による料理への影響力は少なくありません。

料理酒の効果と使い方は? 日本酒の意味(目的)について記事一覧

料理酒の効果は?料理酒には、様々な効果があります。日本料理における料理酒は、日本酒です。日本酒に含まれるアルコールによって「食材に味がしみ込みやすくなる」「食材特有の不快な臭いを揮発させやすくなる」「保存性が高まる」などの効果があります。また、発酵により生じる様々な成分が料理の味を複雑にします。アルコールによる効果発酵産物による効果「料理酒=日本酒」とも限りません。たとえば、料理によっては焼酎が料...

料理酒のアルコールは残る?料理酒のアルコールは残ります。多くは問題のないレベルまで揮発してしまいますが、どんな調理法であっても微量のアルコールが残ることは確実です。微量のアルコールは、料理に豊かな香味を加えます。しかし、アルコールを感じるようでは残りすぎです。さすがに「大人の注意力が落ちる」「子供に悪影響が及ぶ」ほどのアルコールが残ることは稀ですが、アルコールに弱い体質の場合には注意が必要です。料...

未成年が料理酒を買える理由は?料理酒には、未成年が買えるものと買えないものがあります。基本的に、料理酒とは日本酒です。日本酒ですので14%前後のアルコールが含まれており、本来であれば料理のためであっても未成年者が購入することはできません。しかし、未成年者でも購入できる料理酒もあります。それが、加塩料理酒です。未成年者がアルコール飲料を購入することはできませんが、食塩添加により調味料になっていれば購...

料理酒の代用品は?料理酒の代用品は、目的により異なります。日本料理における料理酒は、日本酒です。日本酒には14%前後のアルコールと、米や麹などにより生じる香味成分(甘味やうま味など)が含まれています。アルコール発酵により生じる香味どちらを目的とするかで、代用品の選択肢は変わってきます。料理酒の定義には個人差があります。たとえば、料理酒「=アルコール飲料全般」「=日本酒」「=食塩添加された日本酒(加...

料理酒の使い方は?料理酒の使い方は、様々です。料理酒には複数の働きがあり、主なものには「食材の臭み消しのため」「味を染み込ませるため」「複雑な香味をつけるため」などがあります。下ごしらえ:臭い消し調味:味を染み込ませる仕上げ:香味(風味)をつけるまずは、料理酒を理解することです。レシピを見て、「なぜ(このタイミングで)料理酒を加えるのか?」を理解することで、料理酒の使い方が分かるようになります。料...

味醂の効果(役割)は?味醂には、様々な効果があります。具体的には以下のような効果です。「穏やかな甘味がつく」「複雑なうま味が料理にコク(奥行き)を出す」「照りや艶がつきやすくなる」「メイラード反応が促進する」などです。また、料理酒に近い効果も得られます。欠かすことのできない調味料です。しかし、味醂には「本味醂」「発酵調味料(加塩味醂)」「味醂風調味料」などの種類がありますので、購入する場合には注意...

スポンサーリンク

TOPへ