雪平鍋とは?

雪平鍋とは?

雪平鍋とは、日本料理の万能鍋です。
多くはアルミや銅で作られており、熱伝導率の高さから「短時間でお湯を沸かす」「ムラなく加熱される」などの長所があります。

 

下ごしらえに重宝します。

 

アルミの特徴は、軽くて熱伝導率に優れることです。
この特徴は下ごしらえなどに重宝し、多くの食材を同時に下ごしらえすることの多い日本料理においては欠かすことのできない鍋となっています。

 

名前の由来には、諸説あります。
主なものとしては、「塩焼きに使われていて白い塩が雪のように見えた」や、「立ち上る湯気具合が湯気平と呼ばれていた」などです。

 

いずれにしても、日本人特有の感性から名づけられたと言われています。

雪平鍋とは? アルミの片手鍋は日本料理における万能鍋記事一覧

雪平鍋のメリットは?雪平鍋は、おすすめできる片手鍋です。一般的に雪平鍋(行平鍋)といえば「アルミの片手鍋」のことを指し、その汎用性の高さから多くの家庭で親しまれている鍋です。雪平鍋の魅力は、熱伝導率の高さです。お弁当作りにも重宝します。雪平鍋はその熱伝導率の高さから「素早く鍋全体が温まります」し、密度が低い(熱容量が小さい)ことから「素早く冷ます」ことができます。副菜(及び作り置き料理)には重宝す...

雪平鍋の素材は?雪平鍋は、凹凸のある片手鍋です。ステンレス製や銅製もありますが、一般的にはアルミニウム製(またはアルマイト加工)が好まれています。当サイトにおきましても、アルミ製をおすすめします。アルミは、熱伝導率に優れた素材です。熱伝導率だけであれば銅の方が優れていますが、銅には「手入れに手間がかかる」「非常に高価」などの特徴があるためにアルミ製が好まれています。ステンレスに関しては、意見が分か...

雪平鍋で揚げ物はできる?雪平鍋でも、揚げ物ができます。しかし、おすすめはしません。雪平鍋の素材と言えばアルミが一般的ですが、アルミの持つ特徴の中には「揚げ物鍋には向かない特徴」が含まれています。また、木の把手であることも問題です。僕は、ダッチオーブンを使っています。理想は鋳物琺瑯鍋(ルクルーゼなど)だと考えていましたが、資金面の関係で安価なダッチオーブンを揚げ物鍋として購入しました。結果として、ル...

雪平鍋のサイズは?雪平鍋は、20cmまでで複数そろえます。僕は、3種類を使っています。それが、16、18、20cmの3種類であり、アルミの片手鍋である雪平鍋は20cmまでが使いやすいと感じています。もちろん、20cm以上の雪平鍋も悪くありません。しかし、狭い台所と大きな片手鍋は相性の悪い組み合わせだと感じており、不慮の事故を防ぐためにも大きな鍋は両手鍋でそろえることにしています。このことからも、1...

雪平鍋に蓋がない理由は?雪平鍋には蓋がありません。もちろん、別売りの蓋を使用することは可能ですが、一般的に雪平鍋と蓋がセットで売られることはありません。これは、行平鍋に蓋は不必要であるためです。雪平鍋はアルミの片手鍋です。アルミは「熱伝導率が高い」「耐食性に問題がある」などの特徴を持つ素材ですので、素早く調理する際に役立つ鍋であると言えます。煮込み料理や保存には向かない調理器具なのです。雪平鍋の用...

雪平鍋の黒ずみとは?雪平鍋は、黒ずみます。一般的に、雪平鍋と言えばアルミ鍋です。アルミの雪平鍋にもアルミ合金とアルマイト加工のものがありますが、黒ずみが生じてしまうのはアルミ合金の雪平鍋です。雪平鍋は、酸化被膜により腐食を防いでいます。しかし、アルマイトのような強固な皮膜ではありません。そのため、黒ずむことがあります。雪平鍋の黒ずみはアルミの腐食に起因していますので、酸を煮立たせたり、クレンザーな...

落し蓋の意味(役割)は?落し蓋には様々な効果があります。主なものとしては、「少ない煮汁を食材全体に対流させることができる(溶けだしたうま味を凝縮させることができる)」「煮崩れるのを防げる」などです。日本料理には重宝する調理道具です。雪平鍋には蓋がありません。もちろん、別売りの蓋を購入することも可能ですが、アルミの雪平鍋には蓋よりも落し蓋の使用頻度が高くなります。まずは、落し蓋の意味(効果)を知りま...

木製の落とし蓋の手入れ方法は?木製の落し蓋を使っています。ほぼ毎日使用し、概ね満足しています。しかし、木製の落し蓋には「使用前と使用後の注意点」があり、それを怠ると、割れてしまったり、反ってしまったりすることがあります。また、シミの原因にもなり得ます。ポイントは2点です。それが、「使用前には水につけておく(濡らしておく)」ことと、「使い終わった(洗った)ら水気を切って風通しの良い場所で乾燥させる」...

落し蓋の大きさ(サイズ)は?落し蓋には、適切なサイズがあります。サイズの合っていない落し蓋では、「煮汁が均一に対流しない」「煮詰まって焦げやすくなる」などのデメリットが生じやすくなります。基本は、鍋の直径マイナス2cmです。落し蓋は、鍋ごとに揃えます。鍋と落し蓋の隙間が1cm前後になることが理想ですので、「18cm鍋には16cmの落し蓋」といった具合で各サイズをそろえていきます。しかし、汎用性のあ...

雪平鍋向きの料理は?雪平鍋は、下ごしらえに重宝します。どちらかと言えば、裏方です。これは、雪平鍋(アルミの片手鍋)の持つ「熱伝導率が高くて熱容量が小さい」という特徴が下ごしらえ向きであるためです。熱伝導率:熱の伝わりやすさ熱容量:蓄えられる熱量主役にはなりにくい鍋です。たとえば、鋳物琺瑯鍋。ルクルーゼやストウブなどの鋳物琺瑯鍋が人気なのは、「熱容量が大きい」という特徴があるために料理が美味しくなる...

スポンサーリンク

TOPへ