お弁当作りのコツは?

お弁当テクニック

お弁当には、特有のテクニックがあります。

 

お弁当は、携帯できる食事です。
そのため、(季節や保管場所による違いはあるものの)傷みにくい料理を詰めることがセオリーになります。

 

たとえば、加熱調理。
お弁当に詰める食材は「加熱することがセオリー」であり、加熱によって食材に付着している微生物を減らします。

 

この傾向は、温かい地域ほど顕著です。
同じ日本国内であっても、南に行けば行くほど「味の濃い揚げ物のお弁当が多くなる」のは、安全面を考慮してのことです。

 

また、冷めても美味しい料理である必要もあります。

 

はじめは、「見た目よりも内容重視」で作ることをおすすめします。

お弁当作りのコツは?記事一覧

お弁当の詰め方は?お弁当の詰め方には、コツがあります。はじめは苦労しました。もちろん、「まだまだ」であることは自覚しているのですが、自分なりのルールを決めてからというもの「おかずを詰めるストレス」からは解放された気がします。ポイントは、2点です。「ご飯→主菜→副菜」の順に詰める「主食5:主菜2:副菜3」くらいの割合にするたったこれだけでも体裁が整います。まずはお弁当箱の半分くらいまでご飯を詰め、バ...

お弁当の彩りを良くするには?お弁当には、彩りが必要です。もちろん、「鮮やかなお弁当にしなければいけない」という訳ではありませんが、彩りを意識することで栄養面も充実しやすくなります。ちょっとした心がけで構いません。たとえば、五色。和食の基本には五色という考え方があり、五色(青、黄、赤、白、黒)を意識することで「視覚を刺激するような彩り豊かな料理」になります。「信号の三色+白黒」と考えれば覚えやすいで...

お弁当の臭いの原因は?お弁当は、臭いに注意します。お弁当が臭うということは「微生物が増えている」ということですので、臭い以上に深刻な問題を引き起こしてしまう可能性があります。お弁当は、作り立てを食べません。多くは、5~6時間後に食べます。季節(温度)にもよりますが、5~6時間というのは微生物が増えるには十分な時間であり、傷んでいなくても気になる臭いが生じてしまうことがあります。しかし、心配はいりま...

お弁当の向きは?お弁当のご飯は、左に詰めます。これは、左上位の考え方が基になっています。左上位は平安時代ごろからの伝統だと言われており、同じ位でも「右大臣よりも左大臣の方が偉い」というのも左上位の考え方です。この考え方から、主食であるご飯は左に詰めます。しかし、右の場合もあります。主にコンビニやスーパーのお弁当に多いパターンなのですが、人間の視線は「左上を最初に見ること(Zの法則など)」を考慮して...

コンビニ弁当に飽きた?コンビニ弁当は、飽きやすい食事です。これは外食や出来合いのお総菜などにも言えることであり、たまにであれば美味しく感じられる食事であっても、連続するとすぐに飽きてしまいます。これは、体が欲しなくなっていくためです。栄養バランスの偏り味付けが単調で濃い家庭料理は、味付けが複雑です。しかし、一般的なコンビニ弁当やスーパーのお総菜には(コスト削減のために)調味料にて代用していますので...

スポンサーリンク

TOPへ